ページの先頭です
メニューの終端です。

子どもの救急医療

[2017年3月3日]

ID:4614

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

まずは、かかりつけ医に相談しましょう

子どもは、感染症にかかったり、やけどやけが、誤飲などの事故にあうことも稀ではありません。いつも子どもと接している保護者にとって、子どもの様子が「普段と何かが違う」「どこかおかしい」と感じたときには、よく子どもの状態を観察しましょう。そして、心配な点がある場合には、かかりつけ医に相談しましょう。

かかりつけ医とは、初期的な治療や処方を行なう身近なお医者さんのことです。普段の子どもの状況をわかっていて、病気のことや育児相談、健康相談もできます。また、必要なときには、適切な病院を紹介してくれます。

昼間、子どもの様子がおかしいなと思ったら、まずはかかりつけ医に相談しましょう。

相談できない時間帯や休診日は、以下の相談先などを利用してください。



小児救急電話相談(♯8000)

休日や夜間の子どもの急病時に、病院に連れて行こうか迷った時に小児救急電話相談を利用しましょう。経験豊富な看護師が参考になるアドバイスをしてくれます。

※救急以外の相談はご遠慮ください。

電話番号

電話:♯8000(NTTプッシュ回線、携帯電話をご利用の場合)

電話:048-833-7911(IP電話、ひかり電話、ダイヤル回線をご利用の場合)

相談時間

月曜日~土曜日 19時から翌朝7時

日曜日、祝日、年末年始 午前7時~翌朝7時

お問い合わせ

宮代町役場健康介護課健康増進担当(保健センター)

電話: 0480-32-1122

ファックス: 0480-32-9464

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?