ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    ファミリー・サポート、緊急サポート提供会員養成講習会

    • [公開日:]
    • [更新日:]
    • ID:17092

    地域で助け合いながら、子育てをするために…

     6月23日(水)、29日(火)、7月1日(木)、2日(金)の4日間、ファミリー・サポート事業、緊急サポート事業のお子さんの預かりを手伝ってくださる方を養成する講習会を行いました。

    ファミリー・サポート事業、緊急サポート事業は、育児の援助を受けたい人(利用会員)と行いたい人(提供会員)が会員となり、サポート・センターが仲介して、会員同士で支え合うものです。

    1日目
    受講の様子

    今回の研修は、新型コロナウイルス感染防止対策をとりながら、4日間でのべ39名が参加しました。ファミリー・サポート、緊急サポートの役割についてや、保育士から「子どものお世話、遊び、生活」について、看護師から「子どもの病気についての基礎知識~感染予防等~」「心肺蘇生法、誤飲除去法等」などを学びました。

     また、実際に赤ちゃんの抱き方などお世話の方法や誤飲除去などの実習もしながら学びました。講習を修了し、希望する方は会員登録をした後、提供会員となりお子さんを預かることができるようになります。

    3日目
    抱き方
    こどものお世話
    看護

    「自分が子育てしていた時、近所の方など色々な方に助けていただきました。今は自分が働くお母さんの役に立ちたい、地域の子どもに関わりたいと思って参加しました。」「今までやっていた仕事の内容に近いので、退職後、送迎のお手伝いならできると思って参加しました。」「自分の子どもを育てている時には、子どもがこんなにかわいいと思う余裕がなかったです。ファミサポの活動を通して、子どもってこんなにかわいいんだということを今、しみじみと感じています。」「ワクチンや病気のことなど、自分が子育てしていた時と変化しているということが学べて良かったです。」といった声が聞かれました。

    今後、この講習内容を生かして、地域で一緒に子育てを手伝ってくださるみなさんのご活躍が楽しみですね。今後も講習会を開催する予定ですが、地域の子育て助け合いの活動に興味のある方は、担当までお問い合わせください。

    4日目
    実習

    ファミリーサポート事業について

    ファミリー・サポート・センターは、地域で安心して子育てができるように、子育てのお手伝いをしてほしい人(利用会員)と子育てのお手伝いができる人(提供会員)が会員となり、地域で一時的に子育てを助け合う有償の援助活動(ボランティア)です。

    宮代町ファミリー・サポート・センター事業(別ウインドウで開く)は、特定非営利活動法人きらりびとみやしろが運営しています。

    特定非営利活動法人きらりびとみやしろについて詳しくは  こちら(別ウインドウで開く)

    緊急サポート事業について

    宮代町緊急サポートセンターは、前日・当日の急な依頼にお応えします。毎日7時~20時、土日祝日も依頼受付。

    病児・病後児の預かり、宿泊、一時預かり、保育施設への送迎など。お電話でご相談ください。 048-297-2903

    緊急サポート埼玉について詳しくは こちら(別ウインドウで開く)

    お問い合わせ

    宮代町役場子育て支援課こども安心担当

    電話: 0480-34-1111(代表)内線362(1階8番窓口)

    ファックス: 0480-34-1163

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム