ページの先頭です
メニューの終端です。

農のあるまちづくり

かつては農業を営む上で、「水田」や「屋敷林」、「用水路」など人が手を加えることによって、自然との共生を続けてきました。しかし、近年では宅地化が進み、農業とは直接的なかかわりをもたない人々にとっても、その豊かな自然環境から多くの恩恵を受けています。こうした「農」の資源を市民全体で維持、発展させるとともに、宮代町の地域資源としてとらえ、環境、福祉、教育、産業など、さまざまなまちづくりに生かしていこうというのが、「農」のあるまちづくりの基本的な考え方です。