ページの先頭です
メニューの終端です。

町施設のアスベスト(石綿)含有吹き付け材等の実態調査

[2016年12月15日]

ID:819

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

町施設71箇所のアスベスト使用状況調査結果

宮代町では、平成17年8月から9月にかけて町内すべての町施設71箇所について、アスベストの使用状況調査を実施しました。
吹き付けアスベストを使用していると思われる施設については、現在、専門機関において含有分析調査を実施しており、調査結果が判明しだい、早急に除去・囲い込みなど、必要な対策を行なっていきます。
アスベストの使用状況調査結果については、次のとおりです。
町有施設の吹き付けアスベストの使用状況
施設名使用箇所種別対応状況
須賀小・中学校体育館柱等の一部パーライトこて仕上げ暫定措置として使用禁止中
百間小学校浄化槽機械室内壁吹き付けアスベスト暫定措置として保守点検のみ入室
東小学校浄化槽機械室内壁吹き付けアスベスト暫定措置として保守点検のみ入室
須賀中学校浄化槽機械室内壁吹き付けアスベスト暫定措置として保守点検のみ入室
※浄化槽機械室は施錠・密閉されており児童・生徒が入室することはありません。
町有施設のアスベスト含有成形材の使用状況
施設名使用箇所種別対応状況
郷土資料館トイレフレキシブル板改修、解体時に飛散防止措置
勤労者体育センター管理棟化粧石綿セメント板改修、解体時に飛散防止措置
旧庁舎事務室化粧ボード手作業による除去後解体済
旧税務課棟給湯室石綿セメント板改修、解体時に飛散防止措置
ひまわりの家事務室等アスベスト含有建材改修、解体時に飛散防止措置
須賀小学校校舎、体育館、プール等フレキシブルボード、折返裏打材フェルトン改修、解体時に飛散防止措置
百間小学校校舎、体育館、プール等パーライトモルタル、フレキシブルボード改修、解体時に飛散防止措置
東小学校校舎、体育館等フレキシブルボード、パラペットコロニアル貼改修、解体時に飛散防止措置
笠原小学校校舎、体育館、プール等フレキシブルボード、サイディング石綿板裏打改修、解体時に飛散防止措置
須賀中学校校舎、体育館、プール等フレキシブルボード改修、解体時に飛散防止措置
百間中学校校舎、体育館、プール等フレキシブルボード、ビニアス系タイル改修、解体時に飛散防止措置
前原中学校校舎、プール等フレキシブルボード改修、解体時に飛散防止措置
給食センター事務室、湯沸室、調理室等ロックウールボード、ケイ酸カルシウム改修、解体時に飛散防止措置

※ アスベスト成形材は、セメントなどで固定しており、切断、破損などしないかぎり、大気中に飛散する可能性は低いため、健康影響の心配はありません。

宮代町における石綿対策

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?