ページの先頭です
メニューの終端です。

スケアードストレート教育技法による自転車安全教室が実施されました

[2019年7月17日]

ID:12242

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

スケアードストレートによる自転車交通安全教室が実施されました

令和元年7月13日(土)、前原中学校にて、スケアードストレート教育技法による自転車交通安全教室が実施されました。スケアードストレートとは、《scared=怖がる・おびえるの意》で、恐怖を実感することにより、その結果に至る危険行為を未然に防ぎ、交通ルール遵守の大切さを体感させる教育技法のことです。

プロスタントマンによる演目は、「時速40kmの自動車と自転車の衝突事故」「自転車の傘さし運転、スマホながら運転、ヘッドフォンながら運転事故」「トラックの内輪差による巻き込み事故」「わき見運転事故」など、事故の恐ろしさを体感する内容のものばかりでした。

終了後、生徒たちは、「時速40kmの衝突の衝撃の大きさに驚いた」「自転車でのながら運転事故の怖さを思い知った」「衝突の衝撃音など本当に怖かった」などと感想を語り、改めて交通安全の大切さを感じたようでした。

自動車と自転車の衝突の瞬間の画像

飛び出し事故の瞬間

自転車のわき見運転による歩行者との衝突事故の画像

自転車とベビーカーの衝突の瞬間

スピードの出しすぎによる衝突事故の画像

フロンドドアが開いて衝突の瞬間

お問い合わせ

宮代町役場町民生活課生活安全担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線276、277、278(2階15番窓口)

ファックス: 0480-34-1093

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


スケアードストレート教育技法による自転車安全教室が実施されましたへの別ルート