ページの先頭です
メニューの終端です。

宮代町第3次地球温暖化対策実行計画(事務事業編)

[2018年9月21日]

ID:9746

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

宮代町第3次地球温暖化対策実行計画(事務事業編)

1 計画の背景

  • 宮代町ではこれまで、温室効果ガス排出事業者として、地球温暖化防止実行計画(▼第1次:平成19年~平成23年 ▼第2時:平成20年~平成25年)を策定し、対策に取り組んできました。
  • 地球温暖化防止を目的として、平成27年12月に採択されたパリ協定を受け、地球温暖化対策推進法が改定され、市町村の実行計画策定が義務化(同法21条)されました。
  • 上記の法改正を受け、平成30年3月、宮代町第3次地球温暖化対策実行計画(事務事業編)を策定しました。

2 計画の趣旨・目的

  • 宮代町役場が行う事務事業活動に伴って排出される温室効果ガス(主に二酸化炭素)の削減に取り組み、地球温暖化対策を推進します。
  • 計画年度  平成30年度~平成42年度

3 目標

本計画策定にあたり、町内の公共施設の省エネ診断(※)を行い、エネルギー削減目標を以下の通り設定しました。

※省エネ診断…省エネ診断士という専門家が、現在のエネルギー使用状況とエネルギー削減可能性を測定するものです。


温室効果ガス削減目標のイメージ図


※ 目標値の根拠…
▼本計画の策定に伴い実施した省エネ診断の結果、宮代町の公共施設のエネルギー削減のポテンシャル(可能性)は短期(5年間)=5.3%、長期(12年間)=24.1%と推計されています。
▼国が定めた地球温暖化対策計画では、平成42年までに26%削減(平成25年度比)が掲げられています。

4 削減手法

  • よりキメ細かな省エネ行動
    →空調機器の効率的な運用、こまめな照明の消灯 など
  • 省電力機器等の導入
    →蛍光灯のLED化 など


※詳細は計画書をご覧ください。

宮代町第3次地球温暖化対策実行計画(事務事業編)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


宮代町第3次地球温暖化対策実行計画(事務事業編)への別ルート