ページの先頭です
メニューの終端です。

圏央道インターチェンジ周辺の「乱開発抑止対策」に取り組んでいます

[2020年8月28日]

ID:14137

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

宮代町圏央道インターチェンジ周辺地域乱開発抑止基本方針

宮代町は圏央道周辺地域の「乱開発抑止対策」に取り組んでいます

圏央道沿線の緑豊かで美しい環境の保全に向けて

圏央道沿線には貴重な財産である豊かな自然環境、田園風景が広がっていますが、道路の開設に伴い、その周辺などに資材置場や残土置場など、いわゆる乱開発という美しくない土地利用の状況が懸念されます。
このため、平成20年1月に埼玉県及び宮代町を含む沿線の16市町が「圏央道インターチェンジ周辺地域の乱開発抑止に向けた共同宣言」を行い、連携して乱開発抑止に向けた取り組みを進めています。
宮代町では、平成20年10月から、圏央道の路端から概ね500メートルの範囲において、重点的に乱開発を抑止する地域及び関係法令に基づき監視活動を強化する地域を設定し、関係法令の厳格な運用に努めるとともに、監視活動の強化により、乱開発の抑止に取り組んでます。
特に、重点抑止エリアにおいては、資材置場や残土置場等の設置を禁止することになりますので、ご留意ください。
土地利用の内容等により、禁止区分が異なります。詳しくは下記担当にお問い合わせください。

担当窓口

  • 農振除外や農地転用に関すること
     農地調整担当34-1111 内線 268・269
  • 開発その他取り組み全般に関すること
     建築開発担当34-1111 内線 344・345

関連情報

お問い合わせ

宮代町役場まちづくり建設課建築開発担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線344、345(2階13番窓口)

ファックス: 0480-34-1093

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?