ページの先頭です
メニューの終端です。

野良猫の不妊手術(TNR)が進んでいます

[2019年11月8日]

ID:13066

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

野良猫の不妊手術(TNR)の進ちょく状況

今年(2019年)の5月から、町では、個人の協力者や自治会の皆さんの協力のもと、公益財団法人どうぶつ基金の無料チケット(さくらねこ無料不妊手術)を活用しながら、野良猫の繁殖抑制(不妊手術、TNR)に取り組んでいます。

10月末現在で、町内各地区の93匹の野良猫に不妊手術を行うことができました。着実に、野良猫の繁殖抑制が進んでいます。不妊手術を行った猫は、耳先がV字に小さくカットされ、原則として自治会や近隣住民の皆さんがエサやトイレを管理しています。一代限りの命ですので、見かけた方は温かく見守ってください。

今後も、町では協力者の皆さんと連携・協力し、野良猫の対策を進めていきます。これに関して、以下のとおりご協力をお願いします。

不妊手術を行う猫の写真
不妊手術を行った猫の写真
不妊手術をした証に片耳をブイ字にカットした猫

地域猫活動を推奨しています

町では、地域ぐるみで野良猫の不妊やえさやり、トイレを管理する、地域猫活動を推奨しています。興味・関心のある方は、担当までお問い合わせください。

野良猫に餌をあげている方の情報、野良猫の情報を集めています

町では、野良猫の繁殖抑制を進めるため、野良猫にエサをあげている方や、野良猫が多く集まっている場所の情報を集めています。情報をお持ちの方は、担当までお知らせください。

猫の保護(引き取り)は行いません

「自宅近くで子猫を保護したので、引き取ってほしい」といったご要望は、お断りしています。上記の不妊手術の取組等にご協力いただくか、そのまま見守っていただくようお願いいたします。
猫を遠ざけたい場合は、下記リンクを参考に、各自で対策していただきますよう、お願いします。

>>>猫が庭などに入らないようにする方法(埼玉県ホームページ)(別ウインドウで開く)

公益財団法人どうぶつ基金とは

公益財団法人どうぶつ基金は、動物の適正な飼育法の指導・動物愛護思想の普及等を行い、環境衛生の向上と思いやりのある地域社会の建設に寄与することを目的に各種事業を行う団体です。

>>>公益財団法人どうぶつ基金(ホームページ)(別ウインドウで開く)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


野良猫の不妊手術(TNR)が進んでいますへの別ルート