ページの先頭です
メニューの終端です。

第7回地域の縁づくりに向けた勉強会を開催しました

[2018年12月19日]

ID:10700

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

縁じょいフェスティバル開催に向けて

平成29年7月から地域の縁づくりに向けた勉強会をスタートし、団塊の世代の方々が後期高齢者となる2025年に向け、地域で支え合う町づくり・担い手不足や後継者不足など、町の施策だけでは解決できない課題を考えてきました。

第7回は、3月に開催する「縁じょい」フェスティバルについての概要をお伝えし、イベントのサブタイトル、イベント内容について意見をいただきました。

※これまでの地域の縁づくりに向けた勉強会の詳細はコチラ(別ウインドウで開く)

第7回勉強会の様子

まずは、第6回勉強会以降の取り組みや成果等を報告しました。

6月13日(水)の第6回勉強会では、7月7日開催のボランティア・サンクスフェアにて、「縁じょいメンバーをどのように、イベント当日に登録してもらうか」をテーマに、ワールドカフェによるワークショップを行い、意見やアイディアを出し合いました。

第6回でいただいた意見をもとに、ボランティア・サンクスフェアで勉強会メンバーとPRを行なったことで、縁じょいメンバーも50名近く増え、現在の登録者数は300名を超えています。

その上で、3月のイベント概要を説明し、意見交換を行ないました。

意見交換では・・・

イベント内容について

  • イベントがつながっていくキッカケの1つであり、段階を踏んで、次に進むのが良いのではないか
  • 昨年のイベントをキッカケに、次のステップとして何をやるか伝える
  • 漠然としていたものを、今度は活動として見える形にしていくのが良い

トークセッション(座談会)登壇者について

  • 老いてもできることを率先してやる人
  • 縁じょいメンバー登録者にはどんな人がいるかを考えて、登壇者を考えたら良いのではないか

イベントでの交流会について

  • 活動につながっていない人には、やろうとする気持ちをこの場でアピールする必要がある
  • 各団体ごとにどんな活動をしているか説明し、活動に対する効果(自分の健康に役立っている)などを話してもらう
  • 隣に座っている人の素性もわかると話もしやすいのではないか
  • 活動していることをうまく引き出してあげる方法も考えると良い

イベント以外にも事業全体の意見など、さまざまな意見が出ました。

次回の勉強会では

次回は具体的なイベントの内容を検討していきます。

第8回勉強会のお知らせ

日時:平成30年12月20日(木)13時30分から3時30分まで

場所:宮代町社会福祉協議会2階第1会議室

地域の縁づくりに向けた勉強会は、みんなで考える勉強会として、「縁じょい」ライフ事業を一緒に育てていきたいと考えております。

今後も開催するときにはお知らせしますので、皆さんの持っている知識や経験を活かし、地域の事を一緒に考えてみませんか。


ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


第7回地域の縁づくりに向けた勉強会を開催しましたへの別ルート