ページの先頭です
メニューの終端です。

みやしろ健康マイレージ事業イベント「動物園ウォーク!」を開催しました

[2018年11月17日]

ID:10428

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「動物園ウォーク!」を開催しました

11月9日(金)、東武動物公園にてみやしろ健康マイレージにご参加している方を対象に、「動物園ウォーク!」を開催しました。

この日はあいにくの空模様でしたが、77名が元気に参加されました。中には、開園の1時間前にお越しいただいていた方もおり、ウォーキングへの関心の高さを実感しました。

ウォーキングをより効果的に、より安全に楽しむために

健康づくりのため、日頃ウォーキングに励まれている皆さん。正しいフォームで歩くことで、より効果的に、より安全にウォーキングを楽しむことができます。

そのことを学んでいただくため、今回の「動物園ウォーク!」では、埼玉県健康づくり事業団 健康運動指導士の 浅見先生と長谷川先生を講師にお招きしました。

まずは屋根付きステージにて講義。ウォーキングに大切な正しい姿勢のつくり方について。また、フォームのポイントやシューズの選び方など、「正しく、楽しく」歩くためのポイントを教えていただきました。

参加者の男性は、「いつも歩数に気を取られ、歩き方についてはあまり意識していなかった。今日のイベントでそれを少しでも身につけられれば」と話してくれました。

園内を楽しくウォーキング

東武動物公園は、遊園地、動物園、プールが融合した首都圏有数のレジャーランド。年間100万人以上もの来場があるといいます。広大な園内には歩道が縦横に張り巡らされ、ウォーキングにも最適です。

講義のあとは、いざ実践。参加者は、学んだフォームで歩調を進めながら、秋の空気に包まれた園内を楽しく歩きました。参加者同士の会話も弾み、「足元ばかり見て歩いていた。まっすぐ前を見ると気持ちもいい」「腕を大きくふると、スピードが出る」と笑顔で話されていました。

健康は宝。ずっと健康でいられるために

講師の浅見先生は言います。「どうせ歩くなら、しっかりしたフォームで歩いたほうがお得!」これは、正しいフォームを心がけることで、足腰は痛めにくくなり、脂肪も燃焼しやすいからだそうです。さらに、「どうせ生きるなら、健康で過ごしたほうがお得!病気で医療費がかかったり苦しい思いをするよりも、楽しい日々を過ごしましょう」とのお言葉がありました。

まさに、健康は1日にしてならず。日々の積み重ねによって身体はつくられていきます。健康のためにと、何かを始めることは難しいかもしれませんが、ウォーキングはいつでも・どこでも・誰でも、自分のペースで手軽に行うことのできる運動法です。健康で毎日楽しく生活するために、皆さんも歩くことから健康づくりを始めてみませんか。

ウォーキングフォーム 8つのポイント

  1. 頭は揺らさずしっかりと
  2. あごを軽く引き、目線はまっすぐ
  3. 呼吸は無理せず意識せず。自分の自然なリズムで
  4. 肩は力を抜いてリラックス
  5. 肘はやや曲げて。腕を大きく振りましょう
  6. 腰の回転で歩幅を広げて
  7. 膝を伸ばしてかかとから着地
  8. かかとから着地したら、つま先で大地をしっかりキック

お問い合わせ

宮代町役場健康介護課健康増進担当(保健センター)

電話: 0480-32-1122

ファックス: 0480-32-9464

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?