ページの先頭です
メニューの終端です。

道路工事後の重量柵の撤去について(2018年5月28日)

[2018年7月19日]

ID:9439

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

道路工事後の重量柵の撤去ついて(2018年5月28日)

 何十年も前に道路拡幅工事が終了した姫宮の交差点、道仏土地区画整理地内の歩道の重量柵が並んで設置のままです。

折角、道路が拡幅されたのに、これらの重量柵(コンクリートの重量物)のお陰で狭いままの道路は危険です。

 直ぐ撤去してください。



   

質問の回答

 このたびは、「道路工事後の重量柵の撤去」につきましてご意見をいただきましてありがとうございます。
現在、町では姫宮の交差点から山崎の交差点までの区間におきまして、道路幅が16メートルの都市計画道路を整備中であります。この道路の中間付近に道仏土地区画整理地内へのアクセスとなる道路を先行して完成させました。この地点に赤白のパイプ柵が設置してあります。
 道路を造る際には警察との協議を行い、その指示により柵を設置しています。一部のみ道路が広くなっているため、路肩に車を停車されると危険であること、整備中であることをドライバーに認識してもらうために設置してあります。設置してある箇所は車道部の路肩でして、白線の歩道側に設置してありますので交通には支障がないようになっております。
 姫宮の交差点付近にも柵が設置してあり、交差点から姫宮駅よりは、16メートルに拡幅されていますが、反対側は未整備であり道路幅が狭いため道路線形がずれてしまいます。そのため柵で道路線形が合うように誘導しております。上記の理由により柵が設置されておりますが、都市計画道路の整備が完成した際には撤去いたしますので、ご理解いただきたいと存じます。
                           


お問い合わせ

宮代町役場総務課秘書担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線206(2階9番窓口)

ファックス: 0480-34-7820

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?