ページの先頭です
メニューの終端です。

町のイメージカラー「紫」野菜の消費拡大を目指してー紫じゃがいもー

[2017年6月15日]

ID:6102

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

宮代町のイメージカラー「紫」。その紫にちなんで、町内の農家の皆さんはさまざまな紫野菜を栽培しています。

紫じゃがいもが旬の時期を迎えます

6月から収穫期を迎えるのが「紫じゃがいも」です。紫じゃがいもは「シャドークィーン」という品種で、外見は黒に近い紫色ですが、割ってみると中は鮮やかな紫色。「眼によい」とされるアントシアニン色素を豊富に含んでいます。

 紫じゃがいもの栽培に取り組んでいるのは、宮代町新規就農者組合「あぐりねっとみやしろ」の蛭田さん。西原地内の畑で微生物を利用した土作りをして、農薬を使わずに紫じゃがいもを栽培しています。その他にも、紫いも(紫さつまいも)、紫白菜、紫水菜の作付を予定しています。

紫じゃがいもの冷製ポタージュスープを販売します

 6月17日(土)に「新しい村」で開催されるホタルの夕べ・鑑賞会。その会場にある農産物直売所「新しい村 森の市場結」で当日17時頃から、「あぐりねっとみやしろ」が「シャドークィーンのヴィシソワ-ズ(紫じゃがいもの冷製ポタージュスープ)」を50食限定で販売します(1杯100円)。

 また、この季節においしい、もう一つの紫野菜、紫たまねぎを使った「カナッペ」は無料でご試食いただけます。

 いずれも町内にお住まいの美食プロデューサーで、町の農業6次化の推進にご協力いただいている小松美貴子さんが監修されたものです。

 ホタルの夕べ・鑑賞会にあわせて「森の市場結」では営業時間を19時30分まで延長し、皆さまのお越しをお待ちしております。宮代町の農家の皆さんが栽培した新鮮な野菜をぜひご賞味ください。

ポタージュの写真

シャドークィーンのヴィシソワーズ(イメージ)

たまねぎの写真

新しい村森の市場結 売り場
右側に紫たまねぎ

紫じゃがいもの写真

収穫したてのシャドークィーン(紫じゃがいも)

お問い合わせ

宮代町役場産業観光課農業振興担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線262、263

ファックス: 0480-34-1093

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


町のイメージカラー「紫」野菜の消費拡大を目指してー紫じゃがいもーへの別ルート