ページの先頭です
メニューの終端です。

学童について(2017年1月5日)

[2017年2月3日]

ID:4712

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

学童について(2017年1月5日)

お手紙失礼いたします。
現在5歳児を育てており、3歳のときから町内の保育園で保育をしてもらっています。
おかげさまで、早いもので来年年長組みになります。
仕事にも慣れ、周囲の理解も深まってきたのですが、
同じ保育園の保護者から、宮代町の学童保育の時間が
保育園の時間より短いことを聞きました。
調べたところ、朝7:30から夕6:30までとわかりました。
現在朝7:00から夜7:00まで保育園で預ってもらっていて、やっとそのリズムに慣れてきたころです。学童に預けられる時間が保育園より短いのはどうしてでしょうか。
一億総活躍社会が謳われる中で、私のように働く母親にとって保育園、学童は、まさに命綱のようなものです。ここが崩れることは、働けなくなることを意味します。
勤務している会社では、3歳までは希望すれば時短が認められますが
小学生ともなるとそういう恩恵はありません。
幼い子供をひとり暗い夜道を歩かせて家で待たせるか、
私が仕事をあきらめるか、その2択となるでしょう。
また、現在2人目の子供を考えていますが、こういう行政側の壁は致命的に感じます。
どうか、私を働かせてください。
2人目を産ませてください。娘に兄弟姉妹を与えてください。
自分の人生を豊かなものにしたいです。
どうかよろしくお願いいたします。

質問の回答

 平成30年度から学童保育のご利用を検討されている中で、開設時間についてご心配をおかけいたしております。
○○様のお手紙にありますとおり、現在、学童保育の開設時間は、平日は放課後から18時30分まで、学校休業日(夏休み等)は7時30分から18時30分までとしております。
 この学校休業日の開設時間は、平成26年度の夏休みから、町立保育園の開所時間に合わせて8時開所を7時30分開所に拡大し、埼玉県のガイドライン(学校休業日は8時から18時30分まで)よりも延長して、町が独自に定めたものです。  
 ご承知のとおり、少子高齢化が急速に進む当町では、社会保障費の大幅増等により、町の財政状況は近隣市町と比べ、非常に厳しいものとなっています。そのような中ではありますが、町では子育て支援施策として、平成26年度からの開設時間延長及び平成28年度からの学童保育所定員増加(60名)を優先的に行ったところでございます。また、学童保育を小学校の空き教室で行っている関係での学校管理上の問題や、指導員の勤務体制のシフト対応の問題から、直ちに学童保育所の開設時間を更に延長することは、非常に難しい状況でございますので、ご理解をいただきますようお願いいたします。
 なお、平成27年3月に策定した宮代町子ども・子育て支援事業計画においても、今後も就労家庭の増加を見込んでおりますことから、学童保育所に子どもを預けながら就労している家庭のニーズを更に把握・分析しながら、今後のあり方を検討して参りたいと考えております。
 今後とも、限られた予算の中ではありますが、地域ニーズに沿えるよう充実した学童保育の運営に努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

お問い合わせ

宮代町役場総務課秘書担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線206(2階9番窓口)

ファックス: 0480-34-7820

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?