ページの先頭です
メニューの終端です。

宮代町郷土資料館だより えんがわ 51号

[2016年12月5日]

ID:3026

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

宮代町郷土資料館だより えんがわ 51号

企画展 「江戸時代の百間中島村~道仏・若宮・中須」

宮代町郷土資料館では平成27年5月10日まで企画展「江戸時代の百間中島村~道仏・若宮・中須~」を開催しています。江戸時代の百間中島村は道仏や若宮や中須にあたります。川端や山崎、西原の一部も百間中島村でした。
今回の企画展は、江戸時代の百間中島村について百間中島村の歴史や様子、名主の変遷、神社や寺院、百間中島村内の出来事などについて詳しく説明しています。また、明治時代初頭の地籍図から当時の集落を復元したパネルや江戸時代初期の屋敷の家並み図も展示しています。

巡回展「埼葛・北埼玉の水塚」

水塚というと旧大利根町や旧北川辺町が有名ですが、北は行田市や加須市から南は八潮市、三郷市まで約1,220基以上あったことが判明しました。宮代町でも旧須賀地区で7基、旧百間地区で9基、合計16基が確認できました。水塚の分布からは、水害の被害が起きた場所を推察することができ、また、低地や自然堤防、台地など地形の違いにより、水塚の分布に特徴があることがわかりました。

道仏遺跡現地見学会が行われました

平成26年12月14日の日曜日、道仏遺跡で発掘調査現地見学会が開催されました。当日は晴天で120名を超える参加者がありました。その殆どは宮代町民でした。

※詳細は別添データをご覧ください。

えんがわ51号

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?