ページの先頭です
メニューの終端です。

郷土史料「弁天様略記」

[2019年2月20日]

ID:2887

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

郷土史料「弁天様略記」

「弁天様略記」は宮代町の弁天町(百間2丁目)に在住した島村繁夫氏が書かれたものです。島村氏は昭和47年に弁天町の区長となったことで弁天社の調査を思い立ちました。

弁天町の名前の由来となった弁財天や弁天社のあった川島村(百間本村の一部、私唱で「川島村」、実際は午高入百間村新田内)の歴史が非常に詳しくまとめられています。江戸時代から昭和40年代に至る杉戸駅周囲の復元地図も貴重です。

その後、平成18年には「弁天様略記・その後」も刊行されています。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?