ページの先頭です
メニューの終端です。

郷土史料「西光院殿宇再建立勧化状」

[2016年11月24日]

ID:2879

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

郷土史料「西光院殿宇再建立勧化状」

西光院が寛政5年正月27日に焼失したため、西光院の再建を図るべく寛政6年(1794)に西光院の僧「尊明」によって記されたもので、所謂寄付を募った勧進帳です。その構成は、まず西光院の縁起を記しており、年号等異なる点も多いが概ね「百間始大縁記」に類似する内容を含んでいる点が注目されます。

また、本地垂迹説にかかるものとして、五社神社と阿弥陀堂の関係が記されています。五社神社と阿弥陀堂は、ほぼ同規模で並んで立てられていた意味がうかがえます。

西光院殿宇再建立勧化状

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?