ページの先頭です
メニューの終端です。

宮代町史資料第14集「東粂原の獅子舞」

[2016年11月21日]

ID:2044

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

分類

MUS-T-14

単価

1,400円

重さ

270グラム

郵送料

300円

郵送料込の価格

1700円

ご注意

※上記は一冊の場合の郵送料です。複数の本をお申し込みの場合は、申し込み後に郵送料金を別途、お知らせします。
※直接郷土資料館にお越しいただく場合、郵送料はかかりません。

詳細

本書は、町指定無形民俗文化財である「東粂原鷲宮神社獅子舞」を多角的に調査し、記録したものです。獅子舞を伝承する地域の様子から、その芸能の実態、中学生による獅子舞の稽古、祭りの用具の図なども掲載しました。
近年の生活様式や社会環境の変化にともない、人々の価値観も変わってきたため、長年その地域で大切に受け継がれてきた民俗文化財も変貌を余儀なくされているのが現状です。このような状況の中、この獅子舞も昭和40年代に一度途絶えてしまいましたが、地元の皆さんの熱意と努力により再びその灯がともされ、今日にいたっています。
町では、昭和56年に無形民俗文化財に指定するとともに、平成7年度から8年度にかけて映像記録を作成し、その保存に努めています。
B5判 106ページ

本の購入について

この本の代金はふるさと納税(宮代町を応援する寄付制度)として、「宮代町まちづくり基金」に積み立てられ、宮代町の歴史資料の保存、伝承に役立てられます。

ご注文フォームの入力をお願いします。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?