ページの先頭です
メニューの終端です。

ひまわりの家で不審者対応訓練を実施しました

[2016年9月12日]

ID:1736

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ひまわりの家で不審者対応訓練を実施しました

9月9日の金曜日、宮代町福祉作業所ひまわりの家で、宮代町社会福祉協議会主催の不審者対応訓練が実施されました。これは、神奈川県相模原市の障害者施設で起きた殺傷事件を受け、職員の防犯意識を高めることを目的に実施されたもので、杉戸警察署の協力のもと、刃物を持った不審者が来たときの施設職員の対応と利用者の守り方を学びました。
まずは、杉戸警察署職員から、さすまたの役割や基本的な使い方の説明がありました。さすまたの使用にあたっては、「不審者の進入を防ぐこと」「警察がくるまでの時間を稼ぐこと」「不審者と間合いをとりながら複数人で囲むようにすること」が重要だと学びました。また、力の強い不審者であっても、壁や地面などを利用することで取り押さえやすくなることを体験しました。
訓練の様子の写真です
その後の実演訓練では、杉戸警察署職員が刃物を持った不審者を演じ、施設職員が110番通報とさすまたを使って不審者を取り押さえるまでの手順を、作業所の入口付近と作業部屋の2か所で確認しました。施設職員からは「実践的な訓練ができて良かったです。利用者と自分の安全を守ることを最優先に考え、素早い判断と迅速な行動が求められることを実感しました。」との感想がありました。また、杉戸警察署職員からは、「入口付近、作業部屋ともに施設職員の連携が良く取れていました。」との講評がありました。
不審者対応訓練

お問い合わせ

宮代町役場総務課広報担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線207、208(2階9番窓口)

ファックス: 0480-34-7820

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?