ページの先頭です
メニューの終端です。

健口教室

[2021年5月20日]

ID:859

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

オーラルフレイルに注意しましょう

高齢になって心と体の働きが弱くなった状態を「フレイル」といいます。

特に、しっかり噛めない、うまく飲み込めないなどの口の働きの衰えを「オーラルフレイル」と呼び、体全体の「フレイル」と大きく関係しています。

年齢を重ねると、舌や唇の筋肉が衰え、また、唾液の分泌も減ることで、食べこぼし、むせ、味がわかりにくい、口臭、声が出しにくい、などのささいなトラブルが増えます。歯を失うと、しっかり噛むことができなくなります。これらの「オーラルフレイル」を放置すると、要介護のリスクが高まりますので早めの対策をしましょう。

高齢期の口腔の変化

〇固いものが食べづらくなって、柔らかいものばかり食べていませんか。

→柔らかいものばかり食べ続けると、口の筋肉が衰えて、食べられるものが減ります。

→食事量が減ったり、栄養バランスが崩れます。

→栄養不足から、筋力や体力が衰えます。

〇以前に比べてむせることが増えていませんか

→嚙む力や飲み込む力が低下すると、本来食道へ送られる唾液や食べ物、飲み物が誤って気管に入りやすくなります。

これを誤嚥(誤嚥)といいます。高齢になると、誤嚥した際のむせる反応も起こりにくくなり、誤嚥性肺炎の危険が高まります。

健口教室のご案内

腕や足と同じように、口の周りやのどの筋肉も鍛えることで動きをよくすることができます。

オーラルフレイルに備えて歯科衛生士による少人数指導が受けられる「健口教室」で自分のお口の状態に合わせてブラッシングや嚥下の指導を受けませんか。

下記のチェックリストで「はい」が2つ以上の方は受講できます(先着順)

お口の状態をチェックしよう
この質問紙は 歯科の個別指導対象者を選定するものです
歯ぐきとの境目の歯が減っているはい いいえ
 歯が黒ずんでいるなど、変色しているはい いいえ
 歯に白っぽい歯垢がついているはい いいえ
 ぐらぐらする歯があるはいいいえ
 赤くはれたり、ブヨブヨしているところがあるはいいいえ
 歯みがきのときや朝起きたときに血が出るはいいいえ
 入れ歯を持っているが、食事の時に使っていないはいいいえ
 日中、口の中が乾くはいいいえ
 就寝時に口が乾くはいいいえ
 薄味が感じない(いつもの味と違う)ことがあるはいいいえ
 食べ物が口に残りやすいはいいいえ
 飲食物でむせることが増えたはいいいえ
 薬が飲みこみにくいはいいいえ
 飲み込みの問題が原因で外食をためらうはいいいえ
 一口量が少なくなってきたはいいいえ

開催期間 1コース2回  年間3コース
会場名 進修館 食堂
講座時間 13:00~14:30 
定員等 1コース2名(定員を超える申込みがあった場合は、14:45~16:15にも追加で実施します)

開催日と申込期間
  1回目2回目 申込 期間
夏コース  7月8日(木) 9月9日(木)
 5月17日(月) ~ 6月25日(金)
 秋コース 10月14日(木) 12月9日(木)
 9月6日(月) ~ 10月 1日(金)
 冬コース 1月13日(木) 3月10日(木) 11月15日(月) ~ 12月28日(火)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?