ページの先頭です
メニューの終端です。

みやしろ市民ガイドウォーク「旧百間村史跡と自然」を開催しました!

[2018年7月24日]

ID:9327

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

~宮代の魅力再発見!~

6月23日(土)、みやしろ市民ガイドウォーク『旧百間村史跡と自然』が開催され、参加者とガイドクラブ合わせて16名の方が参加しました。市民ガイドウォークとは、みやしろ市民ガイドクラブのみなさんがボランティアガイドの活動を通して、観光客及び市民に対して宮代町の魅力を発信しようと行っているウォーキングツアー。

テーマは『旧百間村史跡と自然』!今回のツアーは、姫宮駅に集合後、西光院、五社神社、前原遺跡、金原遺跡、宝生院、郷土資料館、姫宮神社、農工房「奈味」(昼食)等を歴史に触れながら約7キロメートルのコースを歩きました。お天気にも恵まれ、みやしろ市民ガイドクラブのみなさんの熱心なガイドにより、今まで知らなかった宮代町の歴史が見えてきます。

宮代町郷土資料館に到着しました。緑あふれる自然いっぱいの郷土資料館。中庭には「クルミの木」があり、立派な実をつけていました。参加者のみなさんは、とても熱心に宮代町の歴史について学び、当日行われていた企画展『広報みやしろ~発信された宮代あれこれ昭和編~』の展示に感心している様子でした。みやしろ市民ガイドクラブの一員として活躍中の増田さんが「昔は、走る図書館があったんだよ。」と教えてくれました。広報みやしろ創刊号もあり、初めて目にする歴史的資料を食い入るように見ていた参加者のみなさん。まだまだ宮代町の歴史について深めたいところですが、昼食会場の農工房『奈味』さんに向かって移動開始です。

昼食会場となる農工房『奈味』さんでは、昼食の準備が着々と進められていました。暑い中ウォーキングをしてきたみなさんのために、冷汁、お漬物、冷たいお茶が用意されました。参加者のみなさんに杵つきで草餅を作る体験をしてもらおうと、釜戸で火を焚き、もち米が炊かれ、工房には杵と臼が用意されていました。参加者のみなさんからは「昔は餅つきをよくやったが、今は道具もないし、しばらくやっていなかった。懐かしい。」「なかなかできない体験をさせてもらった。」「自分で草餅を作ったのは初めて!貴重な体験ができた。」という声があがり、とても喜ばれました。ほどよい汗と疲れが、農工房『奈味』さんのもてなしにより癒されました。

約7キロメートルのコースを3時間半かけて、宮代町の歴史に触れながらウォーキングをしたみやしろ市民ガイドウォーク。歩き終えたみんさんの表情は達成感に満ち溢れていました。                                                 また、今回のガイドウォークは、今年度実施した「みやしろ市民ガイド養成講座」の修了生が、初めてガイドクラブの一員として参加したガイドでもありました。参加者の方の安全を配慮するなど、養成講座で習得したガイドの心得を思い出しながら務めたガイドウォークは、大成功に終わりました。みやしろ市民ガイドクラブの今後の活躍に期待です!!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


みやしろ市民ガイドウォーク「旧百間村史跡と自然」を開催しました!への別ルート