ページの先頭です
メニューの終端です。

消費者庁からのお知らせ

[2018年2月7日]

ID:8112

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

安売りにつられて通ったら・・・高額な健康食品を売りつけられた

近所の空き店舗に新しく入った店では、食品等が安く売られており、健康について説明もしてくれるので、毎日のように通っていた。数日前、血管の話を聞いた後、薬を飲むよりも血管がきれいになるという健康食品を「今日が締め切り」などと勧められ、断りきれずに購入した。代金約13万円は高額すぎる。クーリング・オフしたい。(80歳代 女性)

ひとこと助言

  • 無料や安価で販売される食品や日用品を目当てに、空き店舗等を利用した会場に通っていたところ、高額な健康食品等を勧められたという相談が寄せられています。
  • 通い続けて顔見知りになり、言葉巧みに勧誘を受けると、断り切れなくなる場合もあります。安易にそのような場に行かないことが大切です。
  • 会場に足を運んでしまった場合は、勧誘されても必要がなければその場できっぱり断りましょう。

困ったときは消費生活センターにご相談ください

宮代町消費生活センター 34-1111 月曜日・水曜日

杉戸町消費生活センター 33-1111 火曜日・木曜日

埼玉県消費生活支援センター春日部支所 048-734-0999 月曜日から金曜日

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


消費者庁からのお知らせへの別ルート