ページの先頭です
メニューの終端です。

平成29年度 第4回企画展「古文書に見る人々の暮らし3 弘化3年の水害」を開催しました

[2018年5月15日]

ID:8081

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

企画展「古文書に見る人々の暮らし3 弘化3年の水害」を開催しました

内容

江戸時代には何度も水害が発生していますが、特に寛保2年(1742)、天明6年(1786)、弘化3年(1846)に起きた水害を江戸三大水害と呼ばれています。町域に残る古文書の中には、こういった水害をはじめとする災害について記したものがいくつかあります。今回の企画展では江戸三大水害のひとつである弘化3年の水害に着目し、収蔵している古文書の中から、比較的点数が残されている「弘化3年の水害」に関係する古文書を紹介し、水害被災した人々の復興にむけた動きを探りました。


展示期間

3月17日(土)~5月6日(日)
見学風景の写真

見学風景

展示風景の写真1枚目

展示風景1(為取替申合之事、年貢皆済目録、年貢割附状)

展示風景の写真2枚目

展示風景2(御用触留帳)

展示風景の写真3枚目

展示風景3(乍恐以書御届ヶ奉申上候)

動画情報

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


平成29年度 第4回企画展「古文書に見る人々の暮らし3 弘化3年の水害」を開催しましたへの別ルート