ページの先頭です
メニューの終端です。

子どもの虫歯予防

[2017年2月1日]

ID:5110

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

子どもの虫歯予防

3歳ごろになると、個人差はありますが乳歯がほぼ生えそろいます。

食の幅も広がるため歯垢などの汚れが歯に残りやすくなり、虫歯になりやすい時期でもあります。

乳歯の役割

  • 食べ物をかむ
  • 永久歯が正しい位置に生える目印になる
  • あごの骨の発育を助け、顔の形を整える
  • 発音を助ける

 乳歯を虫歯にさせないために

  • だらだら食べを避けましょう
  • 毎日の水分補給は糖分の入っていないものを
  • 毎日のはみがき習慣が大切です

 幼児期から仕上げ磨きの習慣を身に付けましょう

 「子どもをはみがき好きにさせる工夫」   

  1. はじめに子ども専用の歯ブラシをもたせて自由にカミカミさせ、歯ブラシの感触に慣れさせましょう (のどを突かないように注意)
  2. まわりの人が楽しく歯磨きしてみせましょう
  3. お気に入りのぬいぐるみや人形で「はみがきごっこ」で遊ばせたり、絵本ではみがきの楽しさを教えましょう

お問い合わせ

宮代町役場健康介護課健康増進担当(保健センター)

電話: 0480-32-1122

ファックス: 0480-32-9464

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?