ページの先頭です
メニューの終端です。

若い層の人口増対策(2013年12月27日)

[2017年1月11日]

ID:1959

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

若い層の人口増対策(2013年12月27日)

わが宮代町の最大の問題点は「高齢化と若い層の人口減少」であると思います。
そこで若い人たちが宮代に住みたいと思うような政策を立てることが必要と思います。
例えば「新道集会所」など駅に近い集会所を改造又は立て替えて「保育所」を併設したら如何でしょうか。
宮代町も年寄りのことばかりに金をかけているのは、将来的にも人口減少に拍車をかけることになりはしないでしょうか。
私も78歳(平成26年元旦)になる老人ですが、宮代の将来を考えるとそのように思うのです。
駅西口も新しい開発が進められています。是非ご検討ください。
新町長に期待すること大なるものがあります。

質問の回答

○○様のご意見にありますとおり、高齢化が著しく進む中、若い世代の定住促進を図ることは、町としても非常に重要であると考えております。
ご提案いただきました駅近くへの保育所整備でございますが、現在、町内の保育所は、平成25年4月に、本田地内に民間保育所を設置し、合計5か所での保育供給体制を整えることができ、今年度当初段階で待機児童は0人となっております。
新たな保育所の整備については、将来的な保育所や幼稚園などの需要の動向と多様な子育て施策ニーズを見極めながら、計画的な推進を図ってまいりたいと考えております。
この他の若い層の人口増に向けた取り組みについては、道仏地区での約32.7ヘクタールにわたる住宅地整備や東武動物公園駅西口周辺での商業地開発が可能となる都市基盤整備を進めるとともに、豊かな自然環境を生かした観光事業など若い世代に魅力あるさまざまな施策を進めているところでございます。
また、平成24年度からは、定住促進ホームページ「宮代で暮らそっ」を立ち上げ、こうしたさまざまな施策とともに、豊かな自然環境と首都圏40キロメートル圏内に駅を3つ有する利便性といった宮代町の魅力を町外にPRしております。
なお、教育の分野においては、子どもたちが学習しやすい環境を整えるため、全中学校にエアコンを設置することなどを検討しております。
今後も、町では、さまざまな分野で若い世代の定住促進を図ってまいりますので、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

宮代町役場総務課秘書担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線206(2階9番窓口)

ファックス: 0480-34-7820

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?