ページの先頭です
メニューの終端です。

町の中心街を通る道路の古い縁石の撤去(2014年4月30日)

[2017年1月11日]

ID:1948

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

町の中心街を通る道路の古い縁石の撤去(2014年4月30日)

県道春日部久喜線の一部で、宮代町の中心部に当たる道路(「進修館」交差点から「学園台」交差点まで)が歩道が未整備で数箇所に渡って、縁石が残っていて道路を狭めているため車の運転が極めて困難である。
私も何度か危険な目に遭ったことがありますし、外部から町に来た人が同様な目に遭ったことを耳にしているので、一刻も早い整備を願うものである。

質問の回答

ご指摘のとおり、県道春日部久喜線の一部で歩道未整備の箇所があり、車両にとっても歩行者にとっても、交通安全上危険な状況にあると認識しております。
この春日部久喜線は、埼玉県が管理する県道でございますことから、埼玉県杉戸県土整備事務所に早期整備を求めているところです。
杉戸県土整備事務所によりますと、ご指摘の箇所は、歩道整備用地が確保できていない状況にあるとのことです。
また、この場所の縁石は、歩行者の安全を確保するために、止むを得ず、存置しているものであり、撤去は困難とのことでございます。
しかしながら、車両、歩行者双方の安全確保が必要な場所でございますので、歩道未整備箇所の地権者の方々に機会を見計らいながら、鋭意用地の協力についての交渉を行っていくとのことでございます。
町といたしましても、引き続き県に対し該当箇所の安全確保を要望してまいりますので、ご理解賜りたいと存じます。

お問い合わせ

宮代町役場総務課秘書担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線206(2階9番窓口)

ファックス: 0480-34-7820

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?