ページの先頭です
メニューの終端です。

みやしろまちに大野知事がやってきた

[2021年7月21日]

ID:17187

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

宮代町を大野元裕埼玉県知事が「ふれあい訪問」

7月14日、梅雨明け前の貴重な快晴、大野元裕埼玉県知事が宮代町を訪問されました。
今回の訪問は、大野知事が地域の実情を把握して県政に的確に反映することを目的とした「ふれあい訪問」で、宮代町では福祉交流館すてっぷ宮代(西原自然の森内)と新しい村をご覧になりました。

すてっぷ宮代でさおり織りを体験

一つ目の訪問先、福祉交流館すてっぷ宮代では、ひまわり作業生と日頃の作業内容などの会話を交わされたほか、実際にさをり織りを体験されました。
その後、宮代町出身で宮代町外交官でもある片桐仁さんの作品を鑑賞し、宮代町社会福祉協議会の会長やひまわり施設長などと障がい者の相談業務やコロナ禍での対応などの意見交換を行いました。

さをり織りを体験した大野知事

▼さをり織りを体験した後、さをり織りの作品をプレゼントされた大野知事

片桐仁さんの作品をご覧になる大野知事の写真

▼興味深げに片桐仁さんの作品をご覧になる大野知事

すてっぷ宮代での集合写真

▼意見交換会のメンバーの方とパシャり

みやしろ野菜たっぷりのお弁当に舌つづみ

新しい村では、ほっつけ田を見学後、森の市場「結」を訪れました。市場では町民の方が大野知事に気付き、記念写真をお願いする場面も。大野知事は快く記念写真をパシャり、人柄がうかがえる場面でした。

その後は、メディカルハーブガーデンを通り村の集会所へ。集会所では宮代産の食材を使った「村弁」が大野知事をお出迎え、生産者が村弁の説明をし、皆さんでいただきます。感染症対策のため、静かにお弁当をいただきました。

昼食後、新しい村のスタッフや町内生産者と大野知事が意見交換し、その中では、お弁当の話題や町の農業の現状のほか、廃棄物をメタン発酵させ燃料を作る取り組みなどの農業をとりまく環境問題など幅広く意見が交わされました。

最後に、町からのお土産をお渡し、大野知事をお見送り、、、宮代町での「ふれあい訪問」は無事に幕をとじました。

大野知事を案内する新井町長の写真

▼大野知事を案内する新井町長

村弁の写真

▼宮代産の食材をたくさん使った「村弁」

大野知事と生産者などとの集合写真

▼大野知事、暑い中、訪問いただきありがとうございました!

お問い合わせ

宮代町役場総務課秘書担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線206(2階9番窓口)

ファックス: 0480-34-7820

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


みやしろまちに大野知事がやってきたへの別ルート