ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    新採用職員育成塾を開催しました

    • [初版公開日:]
    • [更新日:]
    • ID:13207

    新採用職員育成塾を開催

     令和元年11月15日(金)、今年度第4回目の新採用職員育成塾を開催しました。
     今回のテーマは、「宮代LT会 ~未来の自分と宮代町を気軽に語る会 いろんな公務員から学ぶこと~」と題して、まちづくり建設課の伊藤主事が企画しました。
     (※LTは、ライトニングトークの略称で、5分程度の短い時間で行われるプレゼンテーションのことを指します。)

    1 今回の講義で伝えたいこと

     伊藤主事は今回の育成塾を企画するに当たり、とても熱い想いを込めて臨んでくれました。後輩職員たちに対して、公務員になることがゴールなのではなく、今後、いかにして自分の目標を見つけ、志を強く高く持ち続けながら日々を過ごしていけるかが大切であることを伝えたいと。
     その火傷しそうなくらいの情熱を伝えるべく伊藤主事は、自主勉強活動を通じて知り合ったさまざまな分野で活躍している公務員や元公務員に声をかけ協力を依頼し、世田谷区職員で若手自主勉強会の設立・運営に携わる白石剛大さんと松原大悟さん、荒川区職員で公務員LT会の運営などに携わる中川文奈さん、元地方公務員で現在はサイボウズ株式会社に勤める傍ら、公務員LT会やよこぜプレゼン部(横瀬町)の立ち上げ、またさまざまな視点から自治体の働き方改革へアプローチしている蒲原大輔さんの4名をお招きして開催しました。

    2 公務員は気楽!? 現実はそうじゃないこと多いよね

     オープニングLTは、世田谷区で福祉職として勤務する世田谷若手自主勉強会メンバーの松原大悟さん。
    とかく気楽な職業と揶揄されがちな公務員。でも実際にはそんなことはなく、現実とのギャップに苦しむ職員もいる。ただ、松原さんは「そこで立ち止まっているのではなく、自分のやりたいことを考え実行に移していくことが肝心。公務員は社会の中で思っている以上に信用度が高く、人とのつながりを作りやすい。人と人が心を通わせてつながり、良好な関係を築いていくには、窓口レベルのみで満足していては厳しい。もっとフラットにゆるやかに地域に飛び出してみよう。誤解を恐れず言えば、公務員は懲戒以外ほぼ無傷なのだから思い切ってはみ出してみるくらいの気持ちでやってみよう」と福祉職らしい朗らかな語り口から熱意あふれる話をしていただきました。
    世田谷区職員の松原さん

    3 世田谷の小さな行動人

     LT2人目は、世田谷区職員で若手自主勉強会を立ち上げ、世田谷区長のイクボス宣言の仕掛人でもある白石剛大さん。
     ご自身を「小さな行動人」と表現する白石さん。入庁2年目の平成24年度に自主勉強会「世田谷若手自主勉強会」を立ち上げ、当初、職員同士の新聞輪読から始めた会は、年々多様な人を巻き込みながら、現在では区民や区議、民間企業、学生、他自治体職員が参加する大きな活動へと進化させています。白石さんは、「自分はどうしたい」ということを自問することを大切にされているそうで、その結果、「例えば「理想的ではあるが実現へのハードルが高いA案」と「理想的なものとは違うけど実現が容易なB案」が浮かんだ場合、まずは、勇気を出してA案を選択して欲しい。」と言います。その理由は、「ハードルの高いA案の方が、きっと自分自身のやりたいことのはずだから。少し勇気を持って一歩踏み出してみて欲しい。たとえ小さくともその行動の積み重ねは、きっと自分や周囲の価値観の変容へと繋がっていくものです。」とチャレンジ意欲と継続的な行動の大切さを話していただきました。
    世田谷区職員の白石さん

    4 やりたいことがやってくるまでの過ごし方

     LT3人目は、品川区役所で5年間勤務した後、サイボウズ株式会社に転職し、ITの力を活用して自治体等の働き方改革を進めている蒲原大輔さん。
     蒲原さんは、「結果を出す人の行動パターンとして、知識をインプットした後、それをいかに行動に落とし込めるかが重要だ。」と話します。続けて、「行動に移すことでその結果をもとに次のアクションを考え、さらにどうやればもっと上手くいくかを試行錯誤する。これをサイクルさせていくことで、たとえ今はやりたいことが見つからなくても、5年後、10年後には、向こうからやりたいことがやってくる。」と。また、(やったこともないことについて想像を巡らせ「悩む」よりも、)「行動」することを先行させるメリットとして、「(1)経験が増える(「自分自身」を知ることになる)、(2)出会いが増える(「選択肢」が増える)、(3)武器が増える(「できること」が広がる)」と、ご自身の経験や活動を織り交ぜながら話していただきました。
    サイボウズ株式会社の蒲原さん

    5 公務員LTを通して自分自身に起きた変化

     LT4人目は、荒川区役所に福祉職として勤務する中川文奈さん。中川さんは、平成30年度に荒川区役所に入庁した採用2年目になる職員です。中川さんは、「人前で話すのは足が震えて。入庁時の私には想像すら出来なかった。」と、ご自身のこれまでの性格上、人前で話をすることなど考えもつかないほど遠慮がちだったと言います。ただ、入庁2年目に東京都へ出向することとなり、そこで世田谷区から同じく出向していた本日の講師でもある松原さんの勧めで公務員LTに参加する中で、人前に出る機会を重ねていくうちに一歩ずつ着実に成長していく自分自身を実感したそうです。中川さんはこれまでの体験も踏まえて、チャンスを手にした時に、勇気を出してチャレンジしていくことの大切さを話していただきました。
    荒川区職員の中川さん

    6 スポーツ系公務員として、実現させたいミライ

     LT最後の5人目は、今回の育成塾テーマの企画者であるまちづくり建設課の伊藤主事です。
     伊藤主事は、宮代町への入庁前にプロスポーツチームのスタッフとして勤務していた異色の経歴を持つ入庁3年目の職員で、前職での経験を活かして町内や県外にも飛び出してスポーツの魅力を伝える活動をしている(自称)スポーツ系公務員です。伊藤主事も入庁1年目にこの育成塾を受講しました。今回のLTでは、そこで得たさまざまな体験を後輩に伝えていきたいと、当時の育成塾で刺激を受けた言葉や伝えたいことを凝縮させた内容の濃いプレゼンテーションを展開してくれました。そして最後に「組織は総合力勝負だと思っています。力を合わせてがんばっていこう!」と心強いエールを新採用職員に送ってくれました。
    まちづくり建設課の伊藤主事

    7 気軽にみんなで語り合おう

     講師陣のLTの後、全員参加によるミニLT会を行いました。テーマは「未来の自分と宮代町」。4人1組のグループに分かれて、「未来の自分はこうありたい」、「こんなことをしてみたい」、「宮代町でこんなことに挑戦してみたい」といったことについて1人3分の持ち時間でLTを体験しました。
     参加した新採用職員からは、「もっと思考の幅を広げて積極的に業務改善や事業企画に携わっていきたい。」、「町外、県外の方と話をする機会がこれまでに何度かあったが、宮代町の名前すら知らない方が多かった。もっと宮代町の知名度を上げられるよう情報発信力を身に付けていきたい。そして、1人でも多くの宮代町ファンを増やして活気づけたい。」、「今はあれこれと悩んでしまい立ち止まったままの状態で過ごしてしまうことが多かった。これからはまず一歩踏み出すことから始め講師の方のような行動力を身につけていきたい。」など、前向きな言葉があちらこちらから飛び出していました。
    気軽にみんなで語り合おう1
    気軽にみんなで語り合おう

    8 共通項は「行動」と「継続」

     今回の講師5人のLTに共通して感じたことは、「行動」することをとても大事にしていることでした。学生の頃や入庁したての頃などには、やりたいことなど見つからなかったと口を揃えつつも、ちょっとの勇気を持って、小さくても行動することを積み重ねながら漸進する。そして「行動」の「継続」が、現在の活動につながり、人もつながり、結果も招かれるかのように追いかけてきているのではないかと感じました。
     今回の育成塾だけではないですが、さまざまな経験・体験に裏打ちされた講師陣の言葉は、きっと新採用職員にとって良い刺激になっていることと思います。育成塾を通して感じた「キッカケ」は胸に留めておくだけではなく、ちょっとの「勇気」を出して「行動」に移し、一歩でも半歩でも歩みを「継続」していける職員に成長していって欲しい。そんな期待を抱きつつ第4回の新採用職員育成塾は終了しました。
    講師と町職員との集合写真

    お問い合わせ

    宮代町役場総務課庶務職員担当

    電話: 0480-34-1111(代表)内線202、203(2階10番窓口)

    ファックス: 0480-34-7820

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム


    ページの先頭へ

    宮代町役場 (法人番号:3000020114421) 住所:〒345-8504 埼玉県南埼玉郡宮代町笠原1-4-1 電話:0480-34-1111(代表) ファックス:0480-34-7820(代表) 開庁時間:8時30分~17時15分

    Copyright (C) Miyashiro Town All Rights Reserved.