ページの先頭です
メニューの終端です。

クラウドファンディングプロジェクト実施中

[2022年6月15日]

ID:19247

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

【緊急支援】令和4年6月降ひょうにより被害を受けた農家さんを応援してください

梨の実割れの画像

概要

令和4年6月3日に発生した、今まで経験したことのない降ひょうにより、収穫前の巨峰や梨などの果樹、ねぎやとうもろこしなどの野菜が深刻な被害を受けてしまいました。
主な作物の被害面積はぶどうが5.5ha、梨が約2ha、えだまめが約2ha、ブロッコリーが1ha、とうもろこしが約4haです。その他の農作物も被害を受けており、町内全域で降ひょうによる被害が発生しました。

被害状況

ぶどうの実の画像
ぶどうの葉が落ちている
町の特産品である巨峰などのぶどう畑です。
ひょうの被害により葉っぱは落ち、この時期青々とした葉で覆われているはずの棚から空が見えてしまっています。
梨の実
梨の葉
梨畑です。これから大きく甘くなろうとしていた実に無残にもひょうの傷が。。
梨棚もぶどう棚と同様、葉っぱが大量に落ちてしまいました。
えだまめ
サニーレタス
えだまめ、サニーレタスの畑です。
ひょうに降られ、えだまめは枝葉がすべて倒れ、サニーレタスは葉がちぎれてしまっています。
ブリッコリー
とうもろこし
ブロッコリー、とうもろこしの畑です。ひょうの力はすさまじく、どちらも幹ごと倒れてしまっています。

寄付金の使い道

降ひょう被害を受けた農家さんを支援します!

いただいた寄付金は、降ひょうにより被害を受けた農家の皆さんの支援のために大切に活用させていただきます。
 
宮代町の農家さんたちがこの夏の出荷に向け、丁寧に時間をかけ丹精込めて育ててきた農作物が収穫を前に一瞬でひょうにより台無しとなってしまいました。
自然災害とは言え、収穫を目前に控えた被害に農家の皆さんはかなり落胆しています。このような被害を受けても、来年を見据え立ち上がろうとしている農家さんを支援するため、このクラウドファンディングを立ち上げました。
これからもおいしい宮代産農産物を町民の皆様をはじめ全国の皆様にお届けできるよう頑張りますので、温かいご支援をお願い申し上げます。

※申し訳ございませんが、こちらの寄附にはお礼品はございませんので、あらかじめご了承ください。
クラウドファンディングサイトの画像

クラウドファンディングサイトはこちら↑

お問い合わせ

クラウドファンディング(ふるさと納税)に関する問い合わせ:企画財政課 財政担当 0480-34-1111 内線215

農作物の降ひょう被害に関する問い合わせ:産業観光課 農業振興担当 0480-34-1111 内線262




   

江戸時代の茅葺(かやぶき)民家を守りたいプロジェクト

目的

宮代町では、この貴重な文化財を末永く保存すると共に、小学生が総合的な学習や社会科で学ぶ「古い道具と昔のくらし」をリアルに体感させる教材として、あるいは「かやぶき民家で聞く昔話」などの五感で文化財を感じられるようなイベントの開催による活用を推進することで、日本の誇れる文化財「KAYABUKI HOUSE」として、世界に発信し、守り続けていきたいと考えています。
加藤家
小学生が話を聞いている画像
土壁
かまど

寄附について(ふるさと納税による ガバメント・クラウドファンディング)

事業の原資は、ふるさと納税を活用し、クラウドファンディング(注)として、本事業の趣旨に賛同する個人からの寄附を広く募集します。いただいた寄附は、茅葺民家の修繕費として使用させていただきます。文化財に関心のある皆様からのご支援をお待ちしています。

(注)クラウドファンディング ・・・不特定多数の方からインターネット上で寄附を募る方法

クラウドファンディングサイトの画像

クラウドファンディングサイトはこちら↑

お問い合わせ

宮代町役場企画財政課財政担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線215、216(2階11番窓口)

ファックス: 0480-34-7820

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?