ページの先頭です
メニューの終端です。

電話回線のサポート契約に関するトラブル

[2021年10月1日]

ID:16893

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

電話回線のサポート契約に関するトラブルに注意!

「アナログ回線に戻す契約のはずがサポート契約になっていた。」といったトラブルが発生しています。解約・契約時は注意しましょう。

被害の事例

大手通信会社のサポートセンターを名乗る事業者から「電話を光回線からアナログ回線に戻さないか」と電話があった。今は誰もインターネットを使っていないので、ちょうどいいと思い契約した。しかしそのあと、毎月サポート料金として約3,000円引き落とされていることがわかり、確認すると1年縛りでサポート契約をしているとのことだった。解約を申し出ると、「今解約するとキャンセル料が発生する」と言われた。(70歳代 女性)

皆さまへのアドバイス

  • 大手通信会社の名前を出していても、実際は関係のない事業者が勧誘しているケースがあります。勧誘を受けた事業者名をしっかり確認しましょう。
  • 知らないうちに、回線の切り替えには必要のないサービスの契約を結んでいるケースもあります。勧誘を受けた際は、費用やサービス内容、解約条件などをよく確認し、必要ないと思ったらきっぱりと断りましょう。
  • 光回線をアナログ回線に戻す場合には、現在の契約先や回線事業者に問い合わせましょう。
  • 不審に思ったり困ったりしたときは、消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン188)。

宮代町・杉戸町消費生活センター

相互利用が可能です

宮代町

  • 相談日:毎週月・水曜日
  • 時間:10:00~16:00(最終受付15:00)
  • 場所:宮代町役場 2階相談室
  • 電話:0480-34-1111(内線524)

杉戸町

  • 相談日:毎週火・木曜日
  • 時間:10:00~16:00(最終受付15:30)
  • 場所:杉戸町役場 本庁舎1階相談室
  • 電話:0480-33-1111(内線306)

国民生活センター

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


電話回線のサポート契約に関するトラブルへの別ルート