ページの先頭です
メニューの終端です。

第6回 宮代こども昆虫博士検定を実施しました!

[2020年7月29日]

ID:15039

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

7月25日(土)に、山崎山こどもエコクラブ主催のもと、第6回「宮代こども昆虫博士」検定を実施しました。

当日は、朝から雨が降っていましたが、町内の小学生10名が参加してくれました。

本来は毎年、事前学習の前に山崎山へ昆虫観察に出かけるのですが、今年は、あいにくの雨模様のため屋外観察は中止となりました。

まずは、検定試験の前に、埼玉昆虫談話会の塘先生に事前学習を行っていただきました。

また、学習だけでなく、検定試験の練習にもなる「むしむしクイズ」も行い、参加者に回答してもらいました。みんな元気よく手を挙げて答えていました。

休憩時間では、塘先生所有の標本やスズムシを観察していました。

その後、事前学習で学んだことを中心に、検定試験を行いました。山崎山こどもエコクラブ代表の八木橋先生が検定試験の進行及び解説を行いました。写真を見て答える問題や、音を聞いて答える問題など、全部で25問。みんな満点を目指し、30分間一生懸命に問題を解いていました。

八木橋先生が子どもたちの回答スピードに合わせて一問ずつ進めていたので、みんな落ち着いて試験を受けていました。

検定試験が終わった後の問題の解説では、解けなかった問題も含め、昆虫について更なる知識を身につけていました。子どもたちからは「セミの抜け殻の問題が難しかった」「鳴き声を聞き分ける問題が難しかった」などの声も聞けました。

問題の解説が終わるころには雨が弱まり、全員で集合写真を撮りました。

宮代町では、今回の検定のように、豊かな自然と触れ合えるイベントを行っています。

イベント情報は、町の広報誌やホームページをはじめ、環境推進担当のTwitter(@kankyomiyashiro(別ウインドウで開く))でもお知らせしています。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


第6回 宮代こども昆虫博士検定を実施しました!への別ルート