ページの先頭です
メニューの終端です。

7~8か月ごろの離乳食の進め方

[2020年5月13日]

ID:14480

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

食事のリズムをつけよう!

上手にゴックンができるようになりましたか。離乳食を始めて1か月くらい経ったら、1日2回にして食事のリズムをつけましょう。舌と上あごでつぶせるかたさ(豆腐くらい)が目安です。いろいろな味や舌ざわりを楽しませ、食品の種類を少しずつ増やしていきます。

進め方のポイント

・離乳食は1日2回にし、なるべく毎日決められた時間に与えましょう。母乳またはミルクを離乳食の後に与えます。このほかに、授乳のリズムに沿って母乳は欲しがるだけ、ミルクは1日3回程度与えましょう。

・2回目は1回目の半量から始めて、様子を見ながら1週間位で1回目と同じくらいの量までもっていきます。

・食品の種類を増やし、調理の形態はやわらかくゆで細かく刻みます。

・栄養のバランスをそろそろ考えましょう。主食の他におかずを。たんぱく質食品、野菜・果物で整えましょう。

7~8か月ごろのレシピ

おろし納豆汁

【材料】(1人分)
大根おろし 大さじ1
納豆 大さじ1
だし汁 大さじ4
しょうゆ 少々
青のり 少々

【作り方】
1. 納豆は細かく刻む。
2. 鍋に1、大根おろし、だし汁を入れてひと煮立ちさせ、しょうゆで調味する。
3. 器に盛り、青のりをかける。

かぼちゃ煮込みうどん

【材料】(1人分)
乾めん 10g
玉ねぎ 5g
かぼちゃ 10g
鶏ひき肉 10g
水 適量
ミルク 5ml

【作り方】
1.乾めんはゆでて細かく刻む。
2.玉ねぎはみじん切り、かぼちゃは種と皮をとり角切りにする。
3.鍋に2と水を入れ火にかける。やわらかくなったら1を加え、さらにひき肉を加える。
4.ミルクを加えて煮詰める。

ほうれん草の白和え

【材料】(1人分)
ほうれん草 10g
豆腐 30g
さとう 小さじ1/4

【作り方】
1.ほうれん草はゆで数回水にさらし、水気をしぼってみじん切りにする。
2.豆腐はゆで、水気をししぼる。
3.すり鉢に2とさとうを入れつぶし、1を合わせる。


★離乳食や幼児食の進め方や困りごとなど、管理栄養士による相談を行っています。宮代町保健センター(0480-32-1122)までお気軽にご相談ください。


   9~11か月ごろの離乳食の進め方に続く

お問い合わせ

宮代町役場健康介護課健康増進担当(保健センター)

電話: 0480-32-1122

ファックス: 0480-32-9464

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?