ページの先頭です
メニューの終端です。

【配偶者やその他親族からの暴力などを理由に避難している方】特別定額給付金の手続きについて

[2020年5月21日]

ID:14471

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

お手続きが必要になります

配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に宮代町に住所を移すことができない方は、所定のお手続きをしていただくと、以下の措置が受けられます。

●世帯主でなくとも同伴者の分を含めて特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。

●手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主からの申請があっても支給しません。

総務省チラシ「特別定額給付金に関するお知らせ」

対象となる配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方の要件

次の(1)から(3)のいずれかに該当する方

(1)配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること

(2)婦人相談所からの「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」又は、市町村、民間支援団体等による「確認書」が発行されていること

(3)令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

お手続き方法(申出方法)

総務課人権推進室の窓口(役場庁舎2階10番)に配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難していることを申し出る「申出書」を提出してください。

「申出書」には、配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難していることが確認できる書類として、次のいずれかの添付が必要です。

●婦人相談所等が発行する「証明書」、又は市町村・福祉事務所・民間支援団体等が発行する「確認書」

●保護命令決定書の謄本又は正本

※同伴者がいる場合は、同伴者についても記載されていることなどが必要です。

※令和2年4月28日以降に宮代町に住民票を移し、住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置を受けている方は、その旨を申し出れば宮代町で確認がとれるため、上記の書類は必要ありません。

※申し出には、本人及び同伴者の証明書類(運転免許証、マイナンバーカード、保険証等)と現住所が確認できる書類(賃貸契約書や公共料金の請求書の写し)が必要です。

※「申出書」に基づき、住民票がある市区町村へ連絡しますが、「申出書」に記入された、今お住まいの住所等の情報は知らせません。

相談窓口

お手続きに関してわからないことがありましたら、ご相談ください。

なお、必要書類等の発行については、状況をお伺いし、総合的に判断した上で発行いたします。電話のみの相談では発行することができませんので、ご了承ください。

また、相談内容についての秘密は厳守します。

総務省ホームページ

お問い合わせ

宮代町役場総務課人権推進室

電話: 0480-34-1111(代表)内線210(2階10番窓口)

ファックス: 0480-34-7820

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


【配偶者やその他親族からの暴力などを理由に避難している方】特別定額給付金の手続きについてへの別ルート