ページの先頭です
メニューの終端です。

【農業者の皆さんへ】台風19号による『稲わら等の処理』について

[2019年12月23日]

ID:13218

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和元年台風第19号の影響により、稲刈り後の稲わらが大量に堆積してしまった農地につきまして、今後の営農活動に支障がないように、以下のとおり処理していただきますようお願いいたします。

1 営農に利活用できる場合

稲わらは土壌にすき込むことにより「土づくり」につながります。可能な限り、農地にすき込み、還元するようご協力をお願いします。
    

2 営農に利活用できない場合(災害廃棄物として処分が可能です)

農地で発生した稲わらの処理は、原則として各農家で処理していただきますが、冠水等により、他の農地から流入した稲わらが大量に堆積してしまい、ご家庭での処分が難しい場合は次の支援が受けられます。


(1) 久喜宮代衛生組合で焼却処分を行う場合、手数料が免除となります

農地の稲わらを、自らまたは委託業者などが撤去し、久喜宮代衛生組合に直接搬入する場合、焼却処分にかかる手数料(10kgあたり220円)が免除(無料)になります。

■搬入時の注意

(1)農地の稲わらに限ります。ゴミやその他の草木が混ざっていると受入ができませんのでご注意ください。

(2)乾燥した稲わらに限ります。濡れていたり、土が大量についていると受入ができませんのでご注意ください。


■久喜宮代衛生組合に搬入する場合の手順

 (1)支援を希望される方は、令和元年12月25日(水)までに、宮代町産業観光課農業振興担当(役場2階14番窓口、電話0480-34-1111内線263)あて電話または直接窓口へご連絡ください。

※支援を希望する方のおおよその人数や処分量を把握し、久喜宮代衛生組合と調整を図る必要があるため、ご協力をお願いします。

 (2)町職員が被災現場(稲わら堆積状況)の確認をさせていただきます。
 (3)支援対象となる農家の方は必要書類にご記入いただいた後に久喜宮代衛生組合(電話0480-34-2042)と直接連絡をとり、稲わらを持ち込む日を予約してください。
 (4)予約した日時に久喜宮代衛生組合へ直接稲わらの搬入を行ってください。


(2) 稲わら撤去にかかる費用について国の支援を受けることができます

農地の稲わらの撤去に費用(収集や久喜宮代衛生組合への運搬費用等)は国の助成(1立方メートル5,000円)を受けられる可能性があります。

※国の具体的な事務手続き等がまだ示されていないため、詳細は未定です。
※撤去前後の写真や、撤去した量がわかる書類等が必要となりますので、必ず撤去を行う前にJA南彩宮代支店へご相談ください。




お問い合わせ先

(1)久喜宮代衛生組合への搬入に関するお問い合わせ

    宮代町産業観光課農業振興担当

      電話 0480-34-1111内線263

(2)稲わら撤去にかかる国の支援に関するお問い合わせ

     JA南彩宮代支店

      電話 0480-32-0102



お問い合わせ

宮代町役場産業観光課農業振興担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線262、263(2階14番窓口)

ファックス: 0480-34-1093

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


【農業者の皆さんへ】台風19号による『稲わら等の処理』についてへの別ルート