ページの先頭です
メニューの終端です。

令和元年度 子ども大学みやしろ(3日目)を実施しました

[2019年11月20日]

ID:13131

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

【3日目講義】身近な自然環境から学ぶ持続可能な社会へのヒント

11月10日(日)、新しい村・村の集会所を会場に、3日目の子ども大学みやしろが開催されました。
3日目の講義は、山崎山保全ボランティア里山守り隊の代表の八木橋さんによる自然環境についての講義と山崎山周辺のフィールドワークでした。

はじめは、持続可能な社会についての講義です。学生たちは「環境を守るためにあなたにできることは、何ですか」をテーマに、現在の生活を振り返りながら、自然環境が適切に保全され、将来の世代が必要とするものを損なわないような生活について考えました。

続いて、講義で環境保全に問題意識を持った学生たちは、フィールドワークに出発。樹木や植物、生き物の説明を受けながら、村の集会所周辺や山崎山の雑木林を歩き、自然の中で気づいたことをメモに残しました。

フィールドワークから戻ってきた学生たちは、気づいたことをそれぞれ色ペンを使って1枚の紙にまとめ、グループ内で発表し合いました。
「太陽の当たり方で、草の生え方が違う」、「ごみを出さないためには、腐るもので長く続くものを使うのがよいと思った」、「林が生き物の住処になっていた」等いろいろな意見がありました。

環境の大切さや、これからの生活を未来まで続けていくために、自分たちがどのように生活していけばいいのかを考える講義となりました。

講義の様子

山崎山保全ボランティア 里山守り隊
八木橋さんによる講義の様子

フィールドワークの様子1

フィールドワークに出発!

フィールドワークの様子2

雑木林の草の生え方の違いや、どうやって雑木林ができているのか説明しています

フィールドワークの様子3

歩きがら普段気づかないことをメモしました

フィールドワーク後、まとめの様子

気づいたことについて話し合いながらまとめています

発表の様子

フィールドワークで気づいたことを発表してくれました

グループごとにまとめた用紙

気づいたことについて色ペンを使ってまとめました
(写真はその一部)

お問い合わせ

宮代町役場教育推進課生涯学習・スポーツ振興担当(生涯学習分野)

電話: 0480-34-1111(代表)内線433、434、435(2階17番窓口)

ファックス: 0480-34-4152

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


令和元年度 子ども大学みやしろ(3日目)を実施しましたへの別ルート