ページの先頭です
メニューの終端です。

人権それは愛12月号

[2019年12月1日]

ID:12928

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

知っていますか「子どもの権利条約」

 児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。世界中の全ての子どもたちが持つ権利について定めた条約で、国際連合が1990年に発効し、日本は1994年に批准しました。
 子どもの権利条約では、主に以下の4つの権利が定められています。病気や怪我をしたら治療を受けられることなどを示した「生きる権利」、考えや信じることの自由が守られ、自分らしく育つことができることなどを示した「育つ権利」、あらゆる種類の虐待や搾取などから守られることなどを示した「守られる権利」、自由に意見を表したり、グループを作ったり、自由な活動を行ったりできることなどを示した「参加する権利」です。
 このように、子どもにはひとりの人間として正当に扱われる権利があります。その一方で、子どもに対する虐待がニュースなどで報じられています。子どもが健やかに成長していくためにも、私たち一人ひとりが子どもの権利を認め、大人がサポートできるような環境づくりを心がけていくことが必要ではないでしょうか。

 国では、世界人権宣言が国際連合総会で採択された1948年12月10日を記念して、毎年12月4日から10日までを人権週間と定めています。
 また、埼玉県では、12月4日から10日まで「人権尊重社会をめざす県民運動強調週間」としています。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?