ページの先頭です
メニューの終端です。

手足口病に注意!

[2019年7月17日]

ID:12259

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

手足口病の流行警報が発令されています!

埼玉県でも、手足口病の患者報告数が増加しています。                                                                         手足口病は4歳くらいまでの乳幼児を中心に流行し、感染すると口の中、手のひら、足の裏や足の甲などに2~3mmの水疱性の発疹が出る病気です。毎年、夏季を中心に流行することから、今後さらに患者数が増える可能性があるので注意が必要です。手洗いを心がけて、感染予防に努めましょう。


【手足口病の予防のポイント】                                                                                                  

 主な感染経路は、患者の咳やくしゃみなどのしぶき(飛沫)に含まれるウイルスを吸い込むことによる「飛沫感染」や、ウイルスが付いた手で口や鼻などの粘膜に触れることによる「接触感染」、便の中に排泄されたウイルスが口に入る「経口感染」です。                                                               

 そのため、手洗いをしっかり行うことが重要になります。 

 特に、この病気にかかりやすい年齢層である乳幼児がいるご家庭や集団で生活している保育施設等で、おむつを交換するときなどは、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いしてください。

 なお、有効な予防接種はありません。


【参考情報】

・埼玉県感染症情報センターホームページ                                                    http://www.pref.saitama.lg.jp/b0714/surveillance/index.html                                                  

・厚生労働省ホームページ「手足口病に関するQ&A」                                                  http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/hfmd.html

・国立感染症研究所ホームページ「手足口病」                                                https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/441-hfmd.html



お問い合わせ

宮代町役場健康介護課健康増進担当(保健センター)

電話: 0480-32-1122

ファックス: 0480-32-9464

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


手足口病に注意!への別ルート