ページの先頭です
メニューの終端です。

後期高齢者医療保険料の均等割が9割軽減となっていた方へ

[2019年6月12日]

ID:11735

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

保険料の軽減特例が見直されました

 後期高齢者医療保険料の均等割について、これまで9割軽減となっていた方は、今年度、軽減特例の見直しにより8割軽減に変更されます。これにより、該当する方の1年間の保険料額は、4,170円から8,340円に変更されます。

平成30年度に9割軽減を受けていた方は、令和元年度は8割軽減となります。年間保険料額は、4,170円から8,340円に変更となります。
  • 後期高齢者医療の被保険者となるのは、75歳以上の方または65歳以上で障害認定を受けて後期高齢者医療制度に加入している方です。
  • この軽減特例の見直しは、同じ世帯の被保険者及び世帯主の総所得金額等の合計が33万円以下で、被保険者全員の所得がない世帯が対象となります。収入が年金のみの場合は、年金収入80万円以下の方が対象です。
  •  医療保険料を年金からの引き落としで納めている場合、引き落とし額への影響は10月からです。

お問い合わせ

宮代町役場住民課国保・後期担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線314、315、316、317

ファックス: 0480-34-3396

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


後期高齢者医療保険料の均等割が9割軽減となっていた方へへの別ルート