ページの先頭です
メニューの終端です。

災害応急対策に向けて

[2019年2月20日]

ID:11114

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

災害ボランティアセンター立ち上げ訓練を実施しました

宮代町社会福祉協議会は、2月16日(土)進修館大ホールにおいて災害ボランティアセンター立ち上げ訓練を実施しました。訓練は職員のほか宮代町赤十字奉仕団、ボランティア連絡会、宮代町が参加して、茨城県南部で震度6弱の地震が発生し町内で甚大な被害を受けたと想定し、いろいろな地域から救援に駆け付ける災害ボランティアに対し迅速かつ的確に対応するため実施しました。

参加者はセンターの運営側と災害ボランティアに分かれてボランティア受付、被災者からの支援要望の把握(ニーズ)、被災者要望とボランティアの調整(マッチング)、ボランティアの送り出し、資機材の貸出管理、ボランティアの活動報告までの一連の流れを訓練しました。参加者からは、「地理が不慣れでボランティアが目的地まで到着するのか不安」、「受付書に資格を記入すれば、被災者要望とボランティアのマッチングがうまくいくのではないか」、「この訓練を通して、いつ災害が起こっても落ち着いて行動できるようにしたい」など、意見や感想をいただきました。

また、この訓練で町の町民生活課は災害ポータルサイトを使った情報収集訓練を実施しました。災害ポータルサイトは、災害によりどこが危険な状態になっているのか、どの避難所を開設したのかなど確認するための災害情報システムです。災害が発生したとき、町のホームページから「災害情報システム」で閲覧することができます。今回の訓練では、地震で通行止めになっている道路や火災で危険な箇所について、役場庁舎の町民生活課からシステムに入力し、訓練会場のタブレットやスマートフォンを使ってシステムの地図から状況を確認しました。町では、これからもいろいろな情報手段により災害情報を伝達していきたいと思います。

情報伝達訓練
被災者受付訓練
アイパッドを利用した情報把握
災害対策本部の運営訓練

お問い合わせ

宮代町役場町民生活課生活安全担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線276、277、278(2階15番窓口)

ファックス: 0480-34-1093

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


災害応急対策に向けてへの別ルート