ページの先頭です
メニューの終端です。

宮代町不育症検査費の助成について

[2019年1月1日]

ID:10499

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

宮代町不育症検査費助成金交付事業のご案内

助成内容

不育症は、2回以上の流産、死産又は早期新生児死亡の既往がある場合をいいます。

宮代町では、不育症の検査を受けた方に、その検査費の一部を助成する事業を始めました。


対象者

次の項目のすべてに当てはまる方

  1. 夫婦の一方または双方が宮代町に住民登録がある
  2. 不育症検査開始時の妻の年齢が43歳未満である夫婦
  3. 町税の滞納がないこと
  4. 他の市町村において、同様の助成金を受けていないこと
  5. 検査は指定の医療機関又は助成対象医療機関で受けている


対象となる検査

次の項目すべてに該当する検査が対象

  1. 夫婦がともに受けた不育症検査で、検査開始日どちらか早い方の日から1年以内のものまたは妻のみが受けた検査で、検査開始日から1年以内のもの
  2. 指定医療機関及び助成対象医療機関の医師が必要と認めた不育症検査

※指定医療機関及び助成対象医療機関については、埼玉県ホームページから確認できます。

こちら、埼玉県ホームページ 『指定医療機関及び助成対象医療機関』(別ウインドウで開く)

(ページ中段、不育症検査費助成事業の「対象となる不育症検査」の指定医療機関と助成対象医療機関)


助成内容

助成対象となる不育症検査に係る費用のうち対象者の自己負担金(1,000円未満切り捨て)に対し、上限2万円を助成。

助成回数は、1組の夫婦につき1回限り。


申請方法

宮代町保健センターへ申請してください。

書類に確認を要する場合もありますので、時間に余裕をもってお越しください。

必要な書類

  1. 宮代町早期不妊検査費・不育症検査費助成金交付申請書(様式第1号)
  2. 宮代町早期不妊検査費・不育症検査費助成金交付請求書(様式第6号)
  3. 対象不育症検査を実施した医療機関が発行する領収書(原本)
  4. 宮代町不育症検査実施証明書(様式第3号)
  5. 振込先が確認できる資料の写し


申請期間

検査が終了した日の属する年度末(3月31日)または、検査開始日から1年を経過した日の属する年度のいずれか早い年度内に申請してください。

※ただし、検査が終了した日または検査開始日から1年を経過した日のいずれか早い日が、2月1日~3月31日までの場合に限り、翌年度5月31日までに申請の受付をします。


不育症の詳しい情報

お問い合わせ

宮代町役場健康介護課健康増進担当(保健センター)

電話: 0480-32-1122

ファックス: 0480-32-9464

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?