ページの先頭です
メニューの終端です。

平成30年度 みやしろ大学第7回講義

[2018年11月26日]

ID:10456

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

第7回講義「本多静六博士と公園設計」

11月20日(火)進修館大ホールにて、けんかつ市民講師の小林達先生をお迎えし、【本多静六博士と公園設計】と題して第7回講義を開催しました。

日本最初の林学博士である本多静六博士(現:久喜市菖蒲町出身)の生い立ち、人物像や業績についてお話しいただきました。博士が携わった全国で約200か所にも及ぶ公園設計のなかでも、特に日比谷公園、明治神宮の森、大宮公園については、多数のスライド写真と共に詳しく説明していただきました。市民の健康と幸せを願い、公園を設計してきた博士は、まさに埼玉県を代表する大偉人であると学びました。

参加者からは「本多静六なる人物がいたことを初めて知った。立派な業績を残されたことを埼玉県民として誇りに思う。非常にいい刺激を受けた。」「大宮公園の成り立ちや歴史が分かった。」等の感想が寄せられました。

153名が参加しました。

講師の小林先生

スライドを使って、分かりやすくお話いただきました。

講義会場の様子

お問い合わせ

宮代町役場教育推進課生涯学習・スポーツ振興担当(生涯学習分野)

電話: 0480-34-1111(代表)内線433、434、435(2階17番窓口)

ファックス: 0480-34-4152

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


平成30年度 みやしろ大学第7回講義への別ルート