ページの先頭です
メニューの終端です。

2018「エコ☆スタLet’地産地show cooking!」が開催されました。

[2018年9月12日]

ID:9956

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

8月15日(水)、進修館食堂でMIYASHIROエコ☆スターズ主催のエコ☆スタLet's地産地show cooking! が開催されました。
これは、宮代町やその周辺で作られた野菜や米、果物、味噌、卵などを知ってもらい、なるべく近くで採れたものを食べようという地産地消の取り組みを体験してもらう催しで、今年で8年目になります。

今年の参加者は、一般公募の市民16名(5歳から70歳まで)とMIYASHIROエコ☆スターズメンバー・サポーター20名です。

開会式では教育長・代表の挨拶、チーフから本日のメニューや注意事項などの説明があり、すぐに調理スタートとなりました。

昨年よりも1品多いメニューでしたが、参加者たちは手際よく、笑顔も見られるなど余裕の表情で調理は進み、予定よりも15分早く終了。

今回のメニュー

(1)シンプルでおいしい塩むすび・・・宮代のお米(コシヒカリ)と塩だけのシンプルおむすび!
(2)おいしいおいしい肉みそソーメン・・・肉も野菜もしっかり食べられるソーメン
(3)カラフル夏野菜サラダ・・・野菜は100%宮代産!鶏肉も混ぜてボリュームたっぷり
(4)ハロゥインを先取り?!紫サラダ・・・紫色がキレイな「ハロゥイン」的な彩りサラダ
(5)あま~い巨峰の涼しげゼリー・・・町の名産「巨峰」を使った色鮮やかなきれいめゼリー
(6)赤茄子の氷菓子・・・トマトを使った、シャーベットを和風にネーミング    

研修室に会場を移し、ゲストとして町長にも宮代の味を試食していただきました。
試食後には地産地消勉強会が行われました。

このクッキングに先立ち、先月エコ☆スターズメンバーが宮代町で農家を営む蛭田さんの農場を訪れて紫じゃがいもを掘ったところから、調べたことなどを小学5年生、6年生、中学2年生メンバーが発表しました。

発表したメンバーは全員じゃがいも掘りが初めてで、蛭田さんに質問したこと、紫じゃがいもと普通のじゃがいもの違い、農家の苦労などをまとめて自身の感想なども話し、参加者も熱心に聞いていました。

発表後の質問では蛭田さんにも回答していただいて、充実した勉強会となりました。
後片付けも全員で行い、最後にみんなで集まり記念写真を撮って解散となしました。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?