ページの先頭です
メニューの終端です。

理系シニアになろう!初めてのプログラミング講座を開催しました

[2018年8月7日]

ID:9622

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

プログラミングとは

プログラミングは、簡単に言えば指示書です。「~したら、~しなさい」のように論理的に指示をすれば反応します。

イメージした筋道で結果を得るために、指示書としてどのように表すかを考えることがプログラミングの醍醐味と言えます。

こういった考え方を「プログラミング的思考」と言います。物事には手順があり、手順を踏むと、物事をうまく解決できるといった、論理的に考えていく力です。

講座を開講する目的とは

小学校では2020年から総合学習の時間を活用しながら、「プログラミング的思考」力を育むことになっています。

そこで、1つの取り組みとして、宮代町の小学校では、日本工業大学と連携し、早い段階からパソコンを活用したプログラミング体験を取り入れています。取り組みを継続していく中で、プログラミング体験等のサポートをしてくれる方を育てたいという目的から、本講座を開講することとなりました。

プログラミング体験には、スクラッチというマサチューセッツ工科大学メディアラボが開発したプログラミング言語学習環境を活用しています。

※プログラミングソフト「スクラッチ(Scratch)」
無料でダウンロードでき、プログラミング言語を覚えなくても、簡単にキャラクターを動かして、ゲーム等を作ることができる

本講座は、日本工業大学先進工学部情報メディア工学科の山地秀美教授、市民活動を推進するMCAサポートセンター(進修館)、町の高齢者支援担当(アクティブシニアの社会参加支援事業)との共催で開催しました。

講座の様子

1日目

講座開講にあたってのオリエンテーション。

スクラッチの使い方、キャラクターの動き方、図形の描き方を学習。

オリエンテーションの様子

隣の人と話し合いながら、取り組んでいる様子が印象的でした

2日目

キャラクターが端まで行くと、背景を変えるプログラム作成を学習。

1日目の様子を見て、2日目からグループにしました
講座のサポートしてくれる日本工業大学の学生から「グループにしませんか」と提案していただきました

難しいところは、先生、学生、グループの人に聞きながら、解決していました

3日目

ブロック崩しゲームの作り方を学習。

今まで以上に苦労されている方が多かったですが、あきらめずにゲームの形に仕上げていました

先生から「ゼロから作るのは難しいので、良い作品を真似して作り方を覚えていくと良いですよ」というアドバイスがありました

4日目

5日目の作品発表会に向けて、さまざまなプログラムを紹介する予定でしたが、急遽、簡単な作品発表会を行ないました。

1つとして同じ作品が無く、とても個性があって、キャラクターの思わぬ動きに、みんなが笑顔になる場面もありました。

前半は発表会
発表していただいた方で、作成途中の作品には先生からのアドバイスもありました

後半は5日目の発表に向けた作品づくりと各自作成しているプログラミングの質問タイムとなりました

5日目

作品発表会は、くじ引きで事前に発表するペアをつくりました。発表するペアは、作品を作った人と作品を動かす人という役に分かれ、作品説明が終わったら、役割を替えて発表を行ないました。

ペアごとに、作った方には作品のPRポイント、動かした方にはその作品の感想を伝えていただきました。

30分ほどペア同士でお互いの作品の確認や先生に発表前の最終確認

じゃんけんゲームの様子

上から落ちてくるリンゴを取るゲームの様子

先生からは、講座全体の講評とこれを機に更なる挑戦をしてほしいと伝えてくださいました

町職員からは、講座に関わっていただいた全員に対する感謝の気持ちをお伝えしました

先生から修了証書の授与

発表が終わった後の安堵感と講座を受けた充実感が表情に表れています

講座終了後の懇親会

講座終了後、残れる方でお茶を飲みながら、1時間ほど懇親会を行ないました。

先生からは、今のプログラミング教育の現状や皆さんの活躍を期待していることなど話してくださいました
受講生からは、サポート活動等に関する不安やプログラミングをやってみた感想など、話は尽きず、あっという間の1時間でした

プログラミング体験ブース準備会

8月25日の町民まつりでプログラミング体験ブースをつくります。
8月10日にはそのための準備会も行います。
理系シニア、活動に向かって盛り上がっています!

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


理系シニアになろう!初めてのプログラミング講座を開催しましたへの別ルート