ページの先頭です
メニューの終端です。

和戸教会で指定文化財の交付式が行われました

[2018年6月5日]

ID:9148

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

和戸教会で指定文化財の交付式が行われました

平成30年5月30日(水)、和戸教会において宮代町の文化財に指定された和戸教会資料への指定書交付式が行われました。和戸教会資料は、古文書および書籍類92点、書棚1点、説教講壇1点、窓枠(全体および部分計2点)が一括指定されたもので、町指定文化財としては34件目の指定となります。指定された資料の中で、窓枠(全体)については、すでに町に寄贈されていたことから郷土資料館の常設展示室で公開されています。

和戸教会は埼玉県最初のプロテスタント系キリスト教会であり、今回指定された文化財は、明治初期の宮代町における信仰の様子や広がり、西洋文化の受容、あるいは埼玉県東部地域を中心としたキリスト教の様相や広がりなどを示す貴重な資料群です。

町教育委員会では町内にあるさまざまな歴史資料のうち、町にとって重要なものを調査し、文化財として指定しています。

指定文化財指定書の交付式の写真

指定文化財指定書の交付式

和戸教会資料一括の写真

和戸教会資料一括

書棚の写真

書棚

説教講壇の写真

説教講壇

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


和戸教会で指定文化財の交付式が行われましたへの別ルート