ページの先頭です
メニューの終端です。

平成30年度 春の野草観察会 ~五楽体験事業~

[2018年4月20日]

ID:8678

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

春の野草観察会 ~野草のてんぷらを味わい、春を食す~

4月15日(日)、さいたま緑のトラスト保全第5号地の山崎山にて、NPO法人宮代水と緑のネットワーク主催、宮代町の共催で春の野草観察会を行いました。

新しい村周辺の野草保全地、続いて山崎山(トラスト5号地)をNPOの茂木ガイドの説明を聞きながら観察を行い、天ぷらの材料となる食べられる野草の採取をしていきます。

当日は、朝のうちは雨模様でしたが、観察会が始まるころには雨もあがり、約50名の参加者のみなさんが元気に新しい村を出発しました。

約1時間半、歩きながら野草の観察や摘み取りをし、新しい村の集会所へ戻ります。

積んだ野草をきれいに洗った後は、ボランティアのみなさんにより野草を天ぷらにしてもらいました。


普段口にする機会があまりないタンポポやのびるなどの野草の天ぷらを、揚げたてでいただきました。

参加者の方から「野草の天ぷらがこんなに美味しいとは!」「天然のふきが身近にあるんですね。」などみやしろの春を目でも味でも十分に楽しんでいただけたようです。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?