ページの先頭です
メニューの終端です。

ゆたんぽを安全に正しく使用しましょう

[2017年12月11日]

ID:7698

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

低温やけど、過熱、漏れなどの事故を防止しましょう

消費者庁の事故情報データバンクには、ゆたんぽによる事故情報が平成21 年9月から平成29 年10 月までに363 件寄せられており、うち240 件がやけどを負った事故でした。

使用中に低温やけどを負った、加熱し過ぎてやけどを負った、破れてお湯が漏れやけどを負った、リコール対象品と気付かずに使用し発火したなどの事故が毎年継続的に発生しています。

ゆたんぽにはさまざまな種類があり、お湯を入れて使用するタイプ(IHヒーター等で直接加熱できるタイプも含む)、電子レンジで温めるタイプ、電気蓄熱式(充電式)タイプなどのゆたんぽが発売されています。

製品によってそれぞれ注意点が異なりますので、使用前には取扱説明書や注意表示をよく読み、安全に正しく使用しましょう。

寒くなるにつれ、ゆたんぽの使用機会も多くなるため、特に以下の点に気を付け、事故を防止しましょう。

使用中の低温やけどを防ぎましょう

  • 長時間身体に接触させないようにしましょう。
  • 布団を暖めた後は、就寝前に布団から出しましょう。

加熱・充電時の過熱等によるゆたんぽの破損や破裂、やけどを防ぎましょう

  • 製品ごとに指定された加熱方法、加熱時間を守って加熱しましょう。

お湯などの内容物の漏れによるやけどを防ぎましょう

  • 使用前によく点検し、ゆたんぽに亀裂や破損がないか確認しましょう。

お問い合わせ

宮代町役場産業観光課商工観光担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線265、266(2階14番窓口)

ファックス: 0480-34-1093

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ゆたんぽを安全に正しく使用しましょうへの別ルート