ページの先頭です
メニューの終端です。

平成29年度 特別展記念講演会「東国の渡来人と宮代」を開催しました

[2017年12月7日]

ID:6877

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成29年度 特別展記念講演会「東国の渡来人と宮代」を開催しました

平成29年11月11日(土)に特別展記念講演会「東国の渡来人と宮代」を郷土資料館で開催しました。当日は22名の参加者が集まりました。今回の講演会は、駒澤大学文学部教授酒井清治氏を講師としてお招きし、道仏遺跡の主体的な時期である5世紀後半から6世紀後半の東日本の様相の解説と、道仏遺跡から出土した須恵器、韓式系軟質土器などの遺物から周辺地域との交流、渡来技術・文化についてわかりやすくお話して頂きました。

講演会風景の写真

講演会風景

講演会の風景写真その2

酒井氏講演風景

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


平成29年度 特別展記念講演会「東国の渡来人と宮代」を開催しましたへの別ルート