ページの先頭です
メニューの終端です。

平成27年度特別展「道中日記~江戸時代の旅~」図録

[2017年3月6日]

ID:5030

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成27年度特別展「道中日記~江戸時代の旅~」図録

特別展「道中日記~江戸時代の旅~」図録

平成27年度の特別展は「道中日記~江戸時代の旅~」でした。平成27年の16 年前の平成11 年度には「江戸時代の旅と絵馬」という特別展を実施しましたので、江戸時代の旅については2 度目の展示となります。1 度目の展示では、天保12 年(1841)の百間源太宿の清次郎さんの旅と旅道具や絵馬を展示しましたので、今回は道中日記のルートや観光案内図、御札などを主体に展示しました。

 今回の展示会では9コース6人の宮代町の住民が行った旅の記録を展示しました。伊勢神宮や西国三十三箇所、金毘羅山、善光寺、草津温泉、伊香保温泉、秩父、日光、羽黒山、松島などの場所に行っていることが分かります。そうした旅人の中には道中日記という旅日記を記した人もいました。この道中日記を詳しく見てみますと宿泊代や昼食代、渡船料、名産品代、観光地の見学代、蕎麦やうどん代なども記載されているのが分かります。

期間 平成27年10月31日(土)~12月27日(日)
 
     

道中日記~江戸時代の旅図録

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?