ページの先頭です
メニューの終端です。

平成28年度 歴史ウォーク 14年ぶりに秘仏西方院十一面観音像拝観 

[2017年2月16日]

ID:4282

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

西方院十一面観音像拝観~歴史ウォーク 

内容

▼平成28年11月13日(日)、郷土資料館主催の「歴史ウォーク~文化財散策 和戸駅コース」が開催されました。この歴史ウォークは郷土資料館特別展「宮代町の指定文化財」にちなみ計画されたもので、今後、11月27日(日)には姫宮駅コース、12月10日(土)には東武動物公園駅コースが開催されます。▼今回の歴史ウォークは和戸駅を出発し、文殊院橋、須賀村役場跡の和戸公民館を通り、かつて、西方院の十一面観音像があった観音堂跡で説明を受け、西方院に行きました。▼西方院では、25年に1度しか御開帳しない秘仏十一面観音像を特別に見学させてもらいました。最も直近の御開帳は平成14年でしたので、14年ぶりの御開帳です。その後、和戸キリスト教会や厳島神社・文殊院跡などを見学し和戸駅に戻りました。▼参加者は「秘仏である十一面観音像を見れて感激です。下から見ると非常に厳かな感じがします。すごく良い写真が撮れました。」と話してくれました。

西方院見学風景

和戸教会見学風景

十一面観音像

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


平成28年度 歴史ウォーク 14年ぶりに秘仏西方院十一面観音像拝観 への別ルート