ページの先頭です
メニューの終端です。

平成28年度企画展「古文書に見る人々の暮らし1 遺された記録」を開催しました

[2016年11月28日]

ID:3546

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成28年度企画展「古文書に見る人々の暮らし1 遺された記録」を開催しました

今回の企画展は、「古文書に見る人々の暮らし1 残された記録」と題し、「紙資料」として収蔵されている古文書の中から、江戸~明治時代の人々の生活に関する記録類を紹介しています。古文書の中には、人が生まれてから亡くなるまでにおこなわれる人生儀礼や、歴史の教科書にも載るような事件など、さまざまな記録が遺されています。この展示を通じて、昔の人々の暮らしや史実などをより一層身近に感じていただくとともに、古文書に代表される「紙資料」の保存の重要性に改めて注目していただくきっかけとなれば幸甚です。

期間

成28年7月10日(日)まで 9時30分〜16時30分

動画情報

古文書の展示
企画展の様子

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?