ページの先頭です
メニューの終端です。

平成25年度企画展「写真で見る宮代の庚申塔」開催

[2016年11月28日]

ID:3532

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成25年度企画展「写真で見る宮代の庚申塔」開催

郷土資料館では、平成25年5月11日(土)から7月7日(日)まで、企画展「写真で見る宮代の庚申塔」を開催しています。宮代町内には、庚申塔(こうしんとう)と呼ばれる石造物が117基確認されています。これは、「庚申信仰」という平安時代から続く信仰により建てられたもので、特に江戸時代庶民の間に広まり盛んになりました。町内で最も古いものは江戸時代前半の延宝4年(1676)のもので、新しいものは明治31年(1898)のものです。これらの庚申塔について、写真パネルで紹介しています。ぜひご覧ください。
庚申塔の展示
展示のようす
地図などの展示 その1
地図などの展示 その2
庚申塔の写真パネル その1
庚申塔の写真パネル その2

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?